傷あとが残る仕組みって?傷あとケア講座

みんな意外と悩んでるんです!

せっかくオシャレしても、傷あとがあると台無しに。
悩んでいるけど、どう対処していいかわからない人が意外と多いんです。

傷あとに悩んでいる人 対処方法がわからない人

そもそも、傷あとはなぜ残るの?

修復細胞が コラーゲンをつくる

コラーゲンで傷あとを修復

ケガをすると、傷の近くにある修復細胞がコラーゲンを作って傷を修復しようとします。

傷あと

コラーゲンが異常に産出され、
赤みや盛り上がりが残り、傷あとに。

傷口が化膿してしまったり、傷のまわりの血行が悪いと修復がなかなかうまくいきません。
その場合、修復の過程でコラーゲンが異常に産出され傷口に赤みや盛り上がりが残ったりします。これが「傷あと」の正体です。

傷あとを残さないために

  • 日光に当てない
  • ストレスをためない
  • 正しい食生活を心がける
  • 保湿をする

傷になっている皮膚は薄くなっており、紫外線にあたると、シミの原因になります。
また、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れると、傷跡がなかなか消えません。新陳代謝を正常に保つためにも、保湿をする、食生活に気を付ける、ストレスをためないなどといった工夫が必要です。

その他、アットノンに関する情報