腟カンジダについて

腟カンジダについて

腟カンジダは約5人に1人が経験する、女性にとってポピュラーな病気です。原因は疲れやストレスによる免疫力の低下、抗生物質の使用などが多く、再発率が高いことも特徴です。かゆみをガマンしないで早めの対処を心がけましょう。

症状

典型的な症状は、外陰部のかゆみとおりものの変化です。
かゆみは非常に強く、時に疼痛(ずきずきする痛み)を感じることもあります。
おりものは白く濁り、酒かす、粥、ヨーグルト、カッテージチーズなどと表現される独特の性状を示します。

● 腟カンジダと類似疾患の違い

腟カンジダ トリコモナス腟炎 細菌性腟症(非特異性腟炎) 萎縮性腟炎(炎症性腟炎)
おりものの性状 白濁( 酒かす状、粥状、ヨーグルト状、カッテージチーズ状) 緑黄色、泡状、強い悪臭 灰色、水っぽい、 魚のような臭い 化膿性
おりものの量 多い 多い(大量) 多い 少ない
症 状 強いそう痒感、灼熱感、刺激感、性交疼痛 排尿障害、性交疼痛、紅斑 そう痒感、刺激感 腟の乾燥及び菲薄化、性交疼痛、排尿障害

ページトップへ ▲

原因

腟カンジダとは、腟内の常在菌であるカンジダという真菌の異常増殖によって起こる腟炎です。
腟内は、乳酸菌によって酸性に保たれているため、他の菌が繁殖しにくい環境になっています。しかし妊娠や抗生物質の使用などにより常在菌のバランスが崩れたり、糖尿病、疲労などで免疫力が低下したりするだけで、カンジダ菌は増殖してしまうのです。
このように腟カンジダは、ちょっとした身体の変調によって発症・再発してしまう病気といえます。

ページトップへ ▲

治療方法

腟カンジダと疑われる症状が現れた場合、まずは婦人科または産婦人科で検査を行います。類似疾患との判別が必要であるため、おりものを顕微鏡で調べたり培養して確定診断を行います。
類似疾患としておりものに変化のある疾患には、トリコモナス腟炎、委縮性腟炎、細菌性腟症など、また強く激しいかゆみが起きる疾患としては、接触皮膚炎や外陰癌などがあげられます。
腟カンジダと診断された場合、オキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬がよく使われます。
病院へ行く以外の治療法として、再発の場合には「フェミニーナ 腟カンジダ錠」のような市販薬を使って、自分で治すこともできます。

ページトップへ ▲

生活上の注意

腟カンジダの症状の悪化を防いだり、再発を予防するために、日常生活では以下の点に注意して過ごしましょう。

  • 腟カンジダを再発した場合には、パートナーに感染している可能性があるため、腟カンジダに感染したことを伝え、パートナーの方は陰部のかゆみ、発赤等の不快症状があれば、すぐに医師の診療を受けましょう。
  • 入浴時はせっけんの刺激を避けるために、外陰部はせっけんで洗わず、お湯だけで軽く洗う程度にしましょう。
  • カンジダ菌は、温度や湿度の高い状態で繁殖しやすいため、できるだけ乾燥した状態を保つようにすることが大切です。以下の点に気を付けましょう。
    • 入浴、水泳等のあとは、腟の外側は十分乾かしましょう。濡れた水着などはできるだけ早く着替えましょう。
    • おりものシートなどの衛生用品を使用される場合は、こまめに交換しましょう。
    • むれやすくなるので、パンティストッキングをはかないようにしましょう。
    • 下着は、通気性のよい綿製品などを用いましょう。
  • 下着やタオルは毎日清潔なものを用い、タオルなどは感染を避けるため、家族と共用しないでください。
  • カンジダ菌は腸にも常在している菌です。トイレの後は腸からの感染をさけるため、前から後ろに拭きましょう。
  • かゆみがあっても外陰部をかかないようにしましょう。かくと刺激がひどくなったり、感染が広がる可能性があります。