もう繰り返さない!「扁桃腺のはれ」予防法

扁桃腺がはれるということは、 体の免疫力が低下し、扁桃腺に病原体が増殖しやすくなっている証拠です。 日頃から病気にかからないよう予防し、免疫機能を高める生活を心がけることが大切です。

乾燥を防ぐ

扁桃腺のはれの原因には、喉の乾燥も関係しています。定期的なうがいやマスクの着用など、喉を乾燥させない対策が重要です。

のどぬ〜るぬれマスク

のどを潤しながらウイルス遮断!

商品詳細

のどの殺菌

こまめにうがいをし、のどに繁殖した菌を洗い流すようにしましょう。また、休めない忙しいビジネスマンには、持ち運びが出来て手軽に患部を殺菌できる『のどぬ〜るスプレー』での対策もおすすめです。

のどぬ〜るスプレー

携帯できる殺菌作用スプレー

商品詳細

免疫力を高める食事

柑橘系の果物

柑橘系の果物にはビタミンCとビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンCは免疫力を高め、ビタミンEは抗炎症作用があり、扁桃腺の炎症を抑えてくれます。

はちみつ

蜂蜜には、殺菌作用があります。さらに保湿効果の高い分子構造になっており、乾燥から喉粘膜を保護する力があります。

疲労やストレスのない生活

疲労やストレスが溜まることで、体の抵抗力や免疫力が低下すると、扁桃腺にウイルスが増殖しやすくなってしまいます。適度な運動や気分転換で自律神経の働きを安定させることを心がけましょう。

のどを守るための栄養素

ビタミンCやB2、B6は、荒れた粘膜を回復させてくれる栄養素です。
ハレナースには、これらの栄養素が含まれており、扁桃腺のはれを鎮めてくれるだけでなく、荒れた粘膜の回復も期待できるお薬なのです。

それでも繰り返してしまうのどの痛み、扁桃腺のはれに

扁桃腺のはれ のどの痛みに ひどくなる前にハレナース
ハレナースの特長

はやめに対処を

日々忙しく病院に行く暇がない現代人にとって、炎症を鎮めるなどの効果を持つ薬局・ドラッグストアのお薬は、時として強い味方になります。
セルフチェックなどを行い、症状に応じて薬局・ドラッグストアのお薬を早めに試してみるのも対処の一つです。
また、日頃から手洗いうがいやマスクをすること、十分な休養を取るようにすることで扁桃炎を未然に防ぐ努力をしましょう。

一方で、扁桃炎は、多様な原因が考えられる病気で、医療機関でないと治せない種類があります。
薬局・ドラッグストアのお薬で2,3日対処しても症状の改善が見られない場合や症状が悪化した場合には、すみやかに医療機関などに御相談ください。

のどのあたりが変だな、いつもと違うなと気がついたら無理をされず、早めに対処することを心がけてみてください。

「ハレナース」 診断リスト監修 医療法人拓晃会よこかわクリニック院長・医学博士 横川 晃浩 先生

「ハレナース」 診断リスト監修

医療法人拓晃会
よこかわクリニック院長・医学博士  横川 晃浩 先生