更年期・更年期障害とは?

誰もが経験する「更年期」を知って、上手にすごしましょう。
「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。初潮の年齢が人それぞれに異なるように、
閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後と言われています。
このため、一般的には45〜55歳が「更年期」と言われる期間になります。

更年期とホルモンバランスの関係

更年期とホルモンバランスの関係イメージ図

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があります。エストロゲンは8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。これ以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。

不調の原因

不調の原因イメージ図

エストロゲンの分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分ですが、45歳を過ぎるころから、いくら下垂体が「分泌」の指令を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは出にくくなります。

これを受けて、下垂体はさらに「分泌」を指令しますが、やはり分泌はされにくいまま・・・このために脳が混乱をきたします。

視床下部は、からだの様々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。

更年期障害の主な症状

更年期障害の主な症状イメージ図

更年期は誰にでも訪れる期間ですが、その間に更年期障害を感じるかどうかは個人差があります。不調をほとんど感じないで過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。

また、どんな症状を感じるか、その数や種類も人によって異なりますし、同じ症状でも日によって出方やつらさが違うこともあります。

主な症状

【体の症状】
  • だるい
  • たちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • のぼせ
  • 動悸
  • ほてり
  • 手足のしびれ
  • 多汗
  • 関節の痛み
  • 手足の冷え
  • からだのかゆみ
  • 腰痛
  • 肌や目、口の乾燥
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 尿トラブル
  • めまい
【心の症状】
  • イライラ
  • 不眠
  • 不安感
更年期症状セルフチェック
更年期症状セルフチェック
もしかして更年期?
かんたんセルフチェック

更年期症状セルフチェック

若年性更年期について

「これってもしかして更年期障害?まだ30代なのに、もう更年期障害が始まったの?」と心配していませんか。

最近、30代から40代半ばの女性でも、生理不順になったり、月経が無くなって、女性ホルモンの分泌が乱れている人が急増しています。これは、ストレスや無理なダイエット、食生活を含めた不規則な生活などにより、早いうちから徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因と考えられています。 このような状態になると、ほてりや手足の冷え、めまい、落ち込みなど更年期障害に似た症状が見られるようになります。このプレ更年期に起こる様々な不調が「若年性更年期障害」と呼ばれているものです。

プレ更年期の不調に悩まされた人は、引き続き更年期を迎えた時の症状もひどく現れることがあります。だからこそ、日々のストレス解消や規則正しい生活を心がけ、プレ更年期からしっかりと対策を取ることが大切です。

更年期を上手にすごすために

更年期を上手にすごすためにイメージ図 更年期を上手にすごすためにイメージ図

更年期障害は「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」という体の変化によって引き起こされますが、それ以外にも症状を重くさせる原因として考えられるのがその人を取り巻く環境です。ストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり、症状も悪化しがちです。

更年期は、子供の独立や親の介護、職場での立場や人間関係の変化など、生活が変わる時期と重なるため、ストレスとうまく付き合うことが大事なのです。

更年期の期間は、ちょうど人生の折り返し地点。
「更年期だから」と必要以上に恐れたり、不安になるのではなく、家族や友人に話すことで理解を得たり、積極的に趣味やスポーツに取り組むことで悩みやストレスを解消し、上手に乗り越えていきましょう。

自分自身で更年期かどうかわからない場合、また日常生活が続けられないほどつらい症状が続く場合は、医療機関を受診しましょう。更年期と思っていても、背後に他の病気が隠れている場合もあります。
また、薬局や薬店で売られている医薬品で症状を緩和するのも、更年期を上手に乗り越えるためのひとつの選択肢です。

命の母商品写真
これってもしかして
更年期かも?
命の母Aは更年期障害を治す、
13種類の和漢生薬と各種ビタミンの複合薬。
更年期特有のイライラのぼせだるい肩こりなどを治していきます。

命の母Aについて

その他、更年期に関する情報