生理の不調の基礎知識 side menu
命の母ホワイトの特徴 side menu end

生理トラブルの主な原因

生理周期で変動する女性ホルモン

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの種類があります。これらのホルモンは、生理周期とともに分泌量が変化します。



女性ホルモンの働き

エストロゲン(卵胞ホルモン)妊娠の準備を進め、女性らしさをつくるホルモン
主な働き
・ 卵巣内の卵胞を成熟させて、排卵、受精に備える
・ 受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする
自律神経を活発にし、体調をととのえて、気持ちを安定させる
女性らしい丸みのある体つきにする
血流を良くしたり、真皮のコラーゲンを増やして、肌に潤いやハリを出す
骨にカルシウムを蓄える
など

プロゲステロン(黄体ホルモン)妊娠の継続をサポートし、女性のからだを守るホルモン
主な働き
・ 受精卵の着床に備えて、子宮内膜をより厚くし、柔らかくする
・ 妊娠に備え、体温を上げる(基礎体温の高温期をつくる)
・ 妊娠に備え血管を拡張させて、骨盤内に血液をためる一方で、血行が悪くなる
抑うつ状態をつくりやすくする
血糖値を下げる
からだに栄養や水分を備えるため、むくんだり、太りやすくなる
腸のぜん動運動を抑える
など

妊娠が成立しないと、女性は上記のグラフの周期をくり返します。わずかな期間でホルモン分泌が変化するため、体調の変化が起こりやすく、特にプロゲステロンが急激に変動する排卵後から次の生理までは、不調を感じやすい時期。また、女性ホルモンの分泌のリズムが乱れると、生理不順も起こりやすくなります 。



女性ホルモンの変動の仕組みとからだの不調

生理が終わると、脳の視床下部から次の排卵を起こすように指示を出します。
下垂体が指示を受け、卵巣を刺激することで、エストロゲンが分泌され、排卵が起こります。排卵後は妊娠に備えてプロゲステロンが盛んに分泌されるようになりますが、妊娠していないことが分かると、プロゲステロンは急激に減少します。
このようなホルモンの大きな変動が生理前から生理中のからだにさまざまな影響を与えます。

ホルモンバランスの乱れ

脳の視床下部は、呼吸や体温、発汗、心臓の鼓動などの機能をつかさどる自律神経をコントロールする場所です。ストレス疲れ食生活の乱れ睡眠不足などで視床下部が影響を受けると、デリケートな女性の体はホルモン分泌が変化して、ホルモンバランスが乱れてしまいます。その結果、生理前イライラ落ち込みなどの心の症状や、生理不順などの生理トラブルが起こりやすくなってしまうのです。


代表的な生理トラブル

生理前の不調
生理の3〜10日ほど前から、イライラや怒りっぽくなる、うつ状態になる、乳房が痛い、頭痛、むくみ、眠気が強くなるなどの症状が現れる状態を「月経前症候群」と呼びます。エストロゲンとプロゲステロンの急激な変化などが原因ではないかと考えられています。

生理痛・生理中の不調
生理のとき、子宮は、子宮壁からはがれ落ちた子宮内膜と血液を一緒に押しだそうとして収縮します。
この収縮の痛みが「生理痛」です。生理痛は感じないか、軽いのが正常です。寝込んだり、毎回鎮痛剤が手放せない程痛みが強く、日常生活に支障が出る場合は「月経困難症」と呼ばれ、何らかの婦人科トラブルが隠れている可能性があります。

生理不順
正常な生理周期は、25〜38日。生理の周期には個人差があるので、生理の初日から次の生理が始まるまでの期間がこの範囲内で定期的に起きているのなら問題ありません。
短すぎたり、長すぎたり、期間が一定しない場合は「生理不順」と呼ばれます。排卵がスムーズに起きていないなど、何らかのトラブルが考えられます。

そのほか、命の母ホワイトに関する情報