どのように飲むの? 効果的な飲み方

「空腹時」に飲むのが最も効果的

食前(食事の30分前)または、食間(食後2時間後)の服用が基本です。

漢方薬は一般的に、薬が吸収されやすい空腹時に飲むのがよいとされます。
「ナイシトール®」も同様に、食前(食事の30分前)または、
食間(食後2時間後)に服用します。
効果を発揮しやすい空腹時に服用するのがポイントです。

コツは服用のタイミングの習慣化
食間は飲み忘れやすいという方は、たとえば、「起床後」「午後の一息タイム」「夕食後寝る前に」※などご自分の生活習慣にうまく組み込むのがコツ。
1回4錠、1日3回をきちんと続けて服用してください。飲み始めて便通がよくなるのが効き目のサインです。
しぶとい脂肪には、じっくり効く漢方を。
※服用タイミングの一例です。

今の生活にナイシトールをプラス、内側から脂肪を減らして健康的な生活を手に入れましょう

溜まりすぎたしぶとい脂肪にじっくり効く「ナイシトール®」に加え、生活習慣の改善をすることが、肥満症改善への近道です。食べ過ぎない(摂取カロリーを抑える)、運動する(消費カロリーを高める)を実践することで健やかな体に近づくのです。

肉より魚を。飲酒や間食にも注意。

肉料理より魚を選び、野菜も意識して食べるようにしてバランスよく。居酒屋などでは最初に野菜料理や汁物で先におなかをふくらませるようにすれば、食べ過ぎを防げます。
アルコールは食欲を増進させるうえ、おつまみには高カロリーのものが多いので要注意です。

ジムはもちろん、すきま運動も。
ジム通いやウォーキングが続かない、という人でも、「意識的に階段を使う」「あえて徒歩を選ぶ」など、すきまをみつけて簡単なことからでも、続けるようにしましょう。
まずは歩数計を買って、記録をつけてみることから始めませんか。

ナイシトールQ&A

どのくらい飲めば効果がありますか?、続けて服用してもよいお薬ですか?など、お客さまからよせられたご質問にお答えします。

Q&Aを見る

別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ