こんな症状・お悩みに 悩んでいるのは、あなただけではありません。

“肛門掻痒(そうよう)症”とは?

肛門掻痒症は、肛門周辺の皮膚がかゆくなる病気の総称です。

肛門がムレやすい座り仕事や、温水洗浄便座の普及によるおしりの洗いすぎにより、近年増えてきている病気のひとつです。

かゆくて我慢できないのですが、病気だと自覚されていないケースが多いです。

肛門のかゆみに630万人が悩んでいます。

20〜59歳男女6493万人 1ヶ月に1回以上肛門のかゆみを感じている人1460万人 かゆみをつらく感じている人630万人 一旦しずまっても、かゆみがぶり返す 洗っても洗ってもかゆくなる 正しい対処法が分からない 性別、年齢関係なく、みんなが悩む症状です。 1週間に1回以上、肛門のつらいかゆみを感じている人 女性57% 男性43% 50代26% 40代26% 30代26% 20代22%(※小林製薬調べ)

特に夏場に多い悩みです。

かゆみが起こる季節は?(複数回答) 春(3〜5月)約8% 夏(6〜8月)約29% 秋(9〜11月)約12% 冬(12〜2月)約17%(※小林製薬調べ)

意外にみんな悩んでるんだね!自分だけだと恥ずかしく思ってた…

  • かゆみの原因は?

オシリアで肛門のかゆみを元から対処。

「肛門掻痒(そうよう)症」は、掻いたり洗いすぎると悪化してしまいます。

つらくて皮膚を刺激してしまう前に、すばやくかゆみを鎮め、元から対処しましょう。

そのつらいかゆみ、市販の薬で対処できるよ!

  • オシリアの特長

ぶり返すかゆみを元から治す!オシリア LOHACO最短当日お届け!ご購入はこちら!WEBで買えるよ!