再び活きる肌へ Saiki(さいき)

  • 保湿しても乾燥肌なワケ
  • 製品のご紹介
  • 使い方・Q&A
  • 「Saiki(さいき)」誕生のきっかけ
  • ヘパリン類似物質について

ヘパリン類似物質について

  • TOP > 
  • ヘパリン類似物質について

乾燥肌治療におすすめしたい ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質は、乾燥肌治療成分として、50年以上使われてきた成分です。
ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、
「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌に優れた効果があります。
この3つの働きは、肌の内側から新陳代謝をうながすため、
一時的な保湿とは違い、乾燥肌の根本的な解決に繋がる成分だということが分かります。

ヘパリン類似物質の作用

3つの作用が肌機能回復を手伝います。

保湿・保水 抗炎症 血行促進

  • POINT1 新しい細胞誕生を促します。
  • POINT2 乾燥してスカスカだった肌の密度を高めます。
  • POINT3 荒れた皮膚を鎮め、皮膚を正常な状態に戻します。

保湿剤は使い分けよう

ヘパリン以外にも保湿成分はいろいろあります。目的や効き方もいろいろ。
正しく保湿剤を使って乾燥肌を治しましょう。ここでは代表的な保湿剤をいくつかご紹介します。

代表的な保湿剤 イメージイラスト
保湿剤と言っても目的や機能によって、使い分けた方がいい場合もあります。それぞれの特徴を理解して、自分に合う保湿剤を選びましょう。
主な保湿剤の種類と特徴
ワセリン
皮ふの表面に油膜を作り、角質層の水分蒸発を防ぐ。
セラミド
角質層で天然保湿因子として働き、化粧品等で補充すると一時的に保湿能力が回復する。
コラーゲン
保水力に富み、化粧水等で外側から補充されると角質層などで持続的に水分を保持する。
ヒアルロン酸
保水力に富み、化粧水等で外側から補充されると角質層などで持続的に水分を保持する。(ただし、分子量により浸透性が変わります)
ヘパリン類似物質
基底細胞に働きかけて、弱った細胞を修復し、乾燥肌を内部構造から治す。
くり返す乾燥肌にはヘパリン類似物質が主成分の 「Saiki(さいき)」で乾燥肌を奥底から治す!※基底層
  • 顔などの肌にやさしい低刺激性
  • 化粧品のような使い心地
  • 洗顔のあとの清潔なお肌に

製品のご紹介

pagetop

小林製薬株式会社  [からだの悩みから選ぶ]

目・鼻・耳の悩み
目のトラブル
花粉症、ちくのう症
耳なり
かすみ目・疲れ目
不眠・疲労の悩み
不眠
風邪・熱・のどの悩み
風邪・発熱
のどの不快感
肩・腰・関節などの悩み
肩・腰・関節などのコリ・痛み
女性の悩み
排尿痛、残尿感に
妊娠
更年期障害
おりもの・生理・デリケートゾーン
手足の悩み
手足のあれ・角質
足が疲れた時・冷え
足ムレ・消臭・外反母趾
水虫
神経痛
血液の悩み
貧血
高コレステロール
暑さ・汗の悩み
暑さ
かゆみ・傷の悩み
傷・さかむけ・やけど
あせも・虫刺されのかゆみ
お肌の悩み
にきび・しみ・日焼け
くすみ・たるみ・乾燥
傷あと
湿しん・皮膚の炎症
お口の悩み
口臭・歯間の汚れ
歯周病・口内炎
入れ歯ケア
おなかの悩み
膨満感・繊維不足・胃
おなかの脂肪

個人情報取り扱いについて | セキュリティポリシー | ご利用上の注意

Copyright(C)2015 Kobayashi Pharmaceutical Co., Ltd. All Rights Reserved.