CO2排出量削減への取り組み

CO2排出の増加にともなう地球温暖化は、社会全体の課題となっています。小林製薬グループでは地球温暖化防止を重要なテーマとして位置づけ、工場・オフィスでの省エネルギーへの取り組み、輸送時の環境負荷の低減など多面的な取り組みを実施しています。
2015年度は、各工場やオフィスで省エネへの取り組みを実施しましたが生産量が増加したこともあり、総排出量は204トン、1.1%の微増となりました。
ただ、2015年度は大きく売上げを伸ばしたため、売上原単位は前年より低く抑える事ができました。
今後は、生産効率のアップと工程上の無駄をなくす取り組みを行うとともに、省エネ効果の高い機器の導入を積極的に図るなど、更なる省エネルギー、CO2削減に取り組んでいきます。

CO2排出量の推移

グラフ

CO2排出量につきまして、ここ数年電気利用の排出係数が変動しておりますが、弊社においてはこれまでの取り組みとの比較のため、固定値(0.378kg−CO2/KWh)を使用して算出した数値を掲載しております。

※売上高原単位
CO2の排出量を総量ではなく活動あたりの排出量で規制する考え方。当社では、売上金額を基準に算出しています。

製造部門における取り組み

2015年度は、3事業所(富山小林製薬、仙台小林製薬、小林製薬プラックス)が改正省エネ法における第二種エネルギー管理指定工場となっており、法令に基づく適正管理と届出を継続して行っています。特に製造部門では、エネルギー効率を高めるために、空調機など電気設備を省エネタイプへ更新、圧縮空気の効率的利用などを行いました。
今後も生産活動の拡大により、エネルギーおよび電気使用量がさらに増加することが予測されますが、CO2などの温室ガスの削減を考慮したバランスのとれたエネルギー利用を行うとともに、計画的な生産、ロスや在庫削減などの活動を継続的に行うことで、省エネルギーに取り組んでいきます。

電気消費量の推移

グラフ

製造部門における原油換算消費量の推移

グラフ

物流における取り組み

ロゴ

配送トラックの大型化による台数削減や積載量の効率化を図っています。そしてミルクランを推進して、車両の効率的な運用に取り組んでいます。
配送方法だけでなく、トラックなどにより効率的に積載するために、パッケージや積み方を変更することで積載効率を上げるなど、資源の有効利用・廃棄物の削減も図っています。
また、船舶を使った輸送などモーダルシフトも推進し、「エコシップマーク」も取得しています。

オフィス部門における取り組み

写真間引かれた電灯

オフィス部門における2015年度のCO2排出量は、22t-CO2と増加となりました。これは中央研究所の設備拡大によるものです。
今後も、これまで取り組んでいる(1)照明の更なる間引きや、(2)エアコンの設定温度の管理厳格化などを徹底するとともに、クールビズや設備更新の高効率化などの取り組みを継続していきます。

写真営業所に導入されたハイブリッドカー

営業車374台をハイブリッドカーに切り替え

近年、環境面への配慮として、製品の生産から物流までのすべての段階において、資源の有効活用やエネルギー、廃棄物の削減に取り組んでいます。
営業本部においても、前年比5%の燃費向上を目指したエコドライブに取り組んでおり、営業車374台をハイブリッドカーに切り替えました。これにより、1年間のCO2排出量を2014年と比べ8.9%削減することができます。

【富山小林製薬株式会社】CO2削減の取り組み

富山小林製薬は、第二種エネルギー管理指定工場であり、健康補助食品の生産増加などに伴い、CO2排出量は増加する傾向にありますが、継続して削減の取り組みを行っています。
まず、設備機器の使用に伴う排気を暖房に利用する、配管を保温するなど、生産を行う上で使用する設備の効率化、再利用などを行っています。
また、海外の原料や資材のルートを変更するなどして、船舶輸送を増やすことでモーダルシフトを進めています。その他遮熱塗装や室外機への散水など空調の効率的運用も行い、省エネルギーに努めています。

グリーンカーテンで節電・エコ活動

2012年に、夏の節電への取り組みとして、事務所建屋の東側と南側にゴーヤ、ヘチマ、ひょうたんの苗を植え、グリーンカーテンとして育てました。成長したグリーンカーテンにより、夏場の事務所内は涼しくなり、扇風機だけで過ごせる日もありました。その後は、植物から遮光性の高いカーテンに変更し、植物と同等の遮光性を担保することで室内温度の上昇を抑制しています。植物を植えるより育成の手間がかからない上、台風・大雨等の自然の影響も受けにくいため、より効率的な省エネ効果を得ることができました。

写真成長したグリーンカーテン

写真事務所建屋を覆うグリーンカーテン

【仙台小林製薬株式会社】CO2削減の取り組み

仙台小林製薬では、「アイボン」や「液体ブルーレットおくだけ」など小林製薬グループの主力製品の製造を行い、グループの中核製造拠点という役割を担っています。新たに「サワデー香るスティック」の製造を開始する等、CO2排出量は増加傾向にありますが、継続して環境への負担を抑える取り組みを行なっています。

冷凍機(冷房用冷水生産設備)の更新

大電力を消費する老朽冷凍機を順次更新しました。高効率冷凍機に更新することにより従来機に比べ、使用電力を15.6%削減しました。

写真更新前冷凍機

写真更新後冷凍機

通函箱の利用や、廃ダンボールの再資源化

資材等は搬入する際にダンボールで梱包されています。その一部のダンボールは廃棄せずメーカーに返却し、通函箱として繰返し利用しています。また、毎日約1トン排出されるダンボールは再生資源として引き取っていただいています。

写真繰返し使用している通函箱

写真再生資源として利用するダンボール