ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2015年2月

新製品
介護無香空間

「日本介護協会認定マーク」第1号として認定!
香りでニオイをごまかさない、介護用に特化した無香消臭剤

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)では、無香タイプの置き型消臭剤『無香空間』から、介護用に特化した『介護無香空間』〈本体:オープン価格 100g、つけ替用:オープン価格 100g〉を、2月9日(月)から、カタログ通販雑誌向けに新発売いたします。

介護無香空間

オープン価格 100g

発売の背景

「日本介護協会認定マーク」第1号に認定された、介護用に特化した置き型消臭剤

『無香空間』は、家庭の気になるニオイをしっかり消臭する、香りを一切使わない無香タイプの置き型消臭剤です。近年香りブームが高まり、香りつきの製品が増える中、香りが苦手な無香志向の方でも使用できる、“香りでごまかさない本物の消臭剤”として1995年の発売以来、長く愛され続けてきました。
中でも介護の現場において、無香でさりげなく消臭できる『無香空間』の使用ニーズが高かったことを受け、今回、介護の気になるニオイを香りでごまかさずにしっかり消臭する「介護無香空間」を新発売いたします。
介護とニオイというデリケートな課題を解決するため、社団法人日本介護協会と連携して製品開発を進め、2014年11月9日(日)に開催された「介護甲子園」にて、社団法人日本介護協会の定める「日本介護協会認定マーク」第1号として認定されました。
本製品の発売で、介護現場でのニオイケアにお役立ちすると共に、市場の活性化に貢献してまいります。

日本介護協会認定マークについて

本認定マークは、社団法人日本介護協会によって、介護業界の発展に向けて開発された優良な商品・サービスに付けられるラベルです。
介護関連のサービスや製品が多数ある中、利便性が高まる一方で「どれを選べばいいかわからない」という生活者向けに認定される新しい取り組みで、生活者及び事業者を含めた介護業界全体の発展に資することを目的としています。
今回、認定第1号として、小林製薬「介護無香空間」が認定されました。

日本介護協会認定マーク
日本介護協会認定マーク

製品の説明

介護施設独特の“ニオイ”の分析を行い、蓋にロック機構を設けるなど安全性にも配慮

『介護無香空間』は、日本介護協会と連携して開発した、介護用に特化した無香消臭剤です。
より効果的な消臭効果実現のため、介護施設での独特の汗や体臭、排便臭などの“ニオイ”の分析やモニター試験などの検証を繰り返し実施いたしました。同時に、消臭ゲルの誤飲誤食を防止すべく、蓋にはロック機構を設けるなど、安全性と実用性にも配慮した設計にしています。

使用方法

製品概要

製品名 介護無香空間
カテゴリー 芳香消臭剤
希望小売価格 本体:オープン価格 100g
つけ替用:オープン価格 100g
発売日 2015年2月9日(月)
販売場所 カタログ通販雑誌
製品特徴
(1)
香りを一切使用していない、介護用に特化した無香タイプの消臭剤です。
(2)
1〜1.5ヶ月の間、効果が持続します。
(3)
誤飲誤食を防止すべく、蓋にロック機構を設けました。
(4)
社団法人日本介護協会の定める「日本介護協会認定マーク」第1号として認定されました。
ラインナップ
  • New
    介護無香空間(100g)
    介護無香空間
    (100g)
  • New
    介護無香空間つけ替用(100g)
    介護無香空間つけ替用
    (100g)
  •  
    ドでか無香空間(1,800g)
    ドでか無香空間
    (1,800g)
  •  
    無香空間(315g)
    無香空間
    (315g)
  •  
    無香空間 薄型(126g)
    無香空間 薄型
    (126g)
  •  
    無香空間 特大(630g)
    無香空間 特大
    (630g)
  •  
    無香空間空気と布の消臭ミスト(400mL)
    無香空間
    空気と布の消臭ミスト
    (400mL)

以上