ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2016年11月14日

小林製薬協賛シンポジウム「糖尿病予防・治療に必要な血糖コントロール」

-2016年10月9日 大阪・アサコムホールにて実施-

小林製薬株式会社は、平成28年10月9日大阪のアサコムホールで開催されたシンポジウム「糖尿病予防・治療に必要な血糖コントロール」に、血糖コントロールに役立つサラシアを研究する企業として協賛しました。

今、成人の5人に1人以上が糖尿病患者かその予備軍と言われています。糖尿病で怖いのは、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症などの合併症が起きることです。糖尿病の人は血糖値を下げる、予備軍の人は生活習慣を改善するなどで血糖値を正常に戻すことが大切だと言われています。
今回のシンポジウムでは、基調講演に東京医科大学病院 主任教授の小田原雅人先生、近畿大学薬学部 教授の村岡修先生のお二人に、糖尿病の基礎知識や血糖値上昇を抑えるサラシアについて分かりやすくご説明を頂きました。続くパネルディスカッションでは、上記のお二人に加えて、糖尿病罹患者でもあるプロ野球解説者の江本孟紀さんを迎えて糖尿病と上手に付き合うコツをテーマに一般市民にも分かりやすく議論を交わして頂きました。

当日の様子は下記より動画でご覧いただけます。

基調講演@

生活習慣改善で糖尿病と合併症を予防しよう

小田原雅人 先生 東京医科大学 糖尿病・代謝・内分泌・リウマチ・膠原病内科学分野 主任教授

基調講演A

血糖値上昇を抑えるサラシアのチカラ

村岡修 先生 近畿大学副学長/同アンチエイジングセンター長/同薬学部教授

パネルディスカッション

糖尿病と上手に付き合うコツ

ゲスト: 江本孟紀さん プロ野球解説者

司会・進行: 上田千華さん フリーアナウンサー

パネリスト: 小田原雅人先生/村岡修先生

以上