ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2017年2月6日

リニューアル
傷あと・やけどのあと改善薬『アットノン』が処方をリニューアル!
抗炎症、組織修復作用をもつ2つの有効成分を追加配合

アットノンEXジェル』『アットノンEXクリーム

〜2017年2月15日(水)に新発売〜

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、傷あと・やけどあとの改善治療薬「アットノン」を処方変更し、「アットノンEXジェル」「アットノンEXクリーム」として、2月15日(水)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどでリニューアル発売いたします。
今回のリニューアルでは、従来のヘパリン類似物質に、抗炎症と組織修復作用をもつ2つの有効成分を新たに追加しました。計3種の有効成分が、傷あと周辺の炎症を抑えるとともに、組織修復・皮ふのターンオーバーを促進して、傷あと・やけどのあとを目立たなくしていきます。

製品特徴

  • 1.傷あと・やけどあとを目立たなくする3つの成分を配合 乾燥しやすい傷あとに保湿性と柔軟性を取り戻し、血行とターンオーバーを促す、従来の有効成分「ヘパリン類似物質」に加え、抗炎症成分「グリチルリチン酸二カリウム」と組織修復成分「アラントイン」を新たに配合。傷あと・やけどあとを改善し、目立たなくしていきます。

    アットノンEX ジェル
  • 2.肌への伸びが良い、使い心地の良いテクスチャ 今回発売するジェルタイプ、クリームタイプともに、肌への使い心地にこだわりました。透明なジェルタイプは、肌につけると薄く伸び、サラサラとした使い心地です。白い色のクリームタイプは、ジェルタイプよりもしっとりとした使い心地で、べたつかず、肌に白く残らないのが特徴です。

    アットノンEX クリーム

開発の背景

「傷あとを目立たなくしたい」という想いをさらに徹底追求

『アットノン』は、目立って気になる傷あと・やけどあとを治療できる医薬品として、2011年に発売を開始いたしました。以来順調に売上を伸ばし、2016年度にはブランド史上最多売上を更新いたしました。
開発当時より、「傷あとを目立たなくしたい」という想いの下、研究開発を進め、隠しながら傷あとを治せる“コンシーラータイプ“や、かきむしりのような広範囲の傷あとにも使いやすい“ローションタイプ”など、使用感や様々な用途に対応するアイテムを増やし、傷あと改善薬市場を牽引してまいりました。
この度、肌の露出が増える季節に向け、さらなる効果を追求し、処方をリニューアルいたします。

処方のメカニズム

肌に傷ができると、傷口を修復しようと、修復細胞がコラーゲンを産生します。その際、過剰に産生されたコラーゲンが固まることで、赤みや盛り上がりが残ります。これが傷あとです。
本製品の有効成分「ヘパリン類似物質」は血行を促進しターンオーバーを促すとともに、過剰コラーゲンを分解。「グリチルリチン酸二カリウム」は傷あとに残った赤みを抑えます。さらに「アラントイン」が、損傷した表皮の再生を促進します。肌のターンオーバーを意識して塗り続けることで、徐々に傷あとを改善していきます。

処方のメカニズム (1)傷ができた直後 傷口を修復するため、修復細胞がコラーゲンを産生 →(2)傷あとになった状態 コラーゲンが過剰に産生されて固まり、赤みや盛り上がりが残る →(3)アットノンEXの作用 グリチルリチン酸二カリウム:傷あとに残った赤みを抑える / アラントイン:損傷した表皮の再生を促進 / ヘパリン類似物質:血行促進 ターンオーバー促進 過剰コラーゲンの分解

製品概要

製品名 「アットノンEXジェル」(販売名:アットノンEX)
「アットノンEXクリーム」(販売名:アットノンcEX)
カテゴリー 第2類医薬品
希望小売価格 各1,300円 15g
発売日 2017年2月15日(水)
販売場所 全国の薬局・薬店・ドラッグストアなど
効果効能 きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛
用法・容量 1日1〜数回、適量を患部にすりこむか、またはガーゼなどにのばして貼ってください。
有効成分 [100g中]
 ヘパリン類似物質・・・・・・・・・・・・・・・・・0.3g(血行促進・抗炎症)
 アラントイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2g(組織修復)
 グリチルリチン酸二カリウム・・・・・・・・・・・1g(抗炎症)

以上