リクナビ2018 インターンシップエントリー受付中

内定者の声

就職活動生へのアドバイス

研究開発職 Y.U

研究開発職 Y.U

私が就職活動中に大切にしていたことは、なるべく多くの企業の説明会に参加することでした。
就職活動が始まると「企業研究」や「業界研究」をするようにアドバイスされることが多くあります。そこで私は極力会社説明会に参加し、その企業のビジョンや経営理念など、普段得ることの出来ない貴重な情報を多く手に入れることを大切にしました。これにより、その企業の経営戦略や業界での立ち位置、さらには社内の雰囲気などを肌で感じることができ、「ここで働きたい!」という動機も生まれるようになりました。
また、説明会を通じて企業や業界を知ることで、自分の理想の将来像とマッチする企業を探すこともできるので、後悔のない就職活動をすることができると思いました。
就職活動は一生に一度のチャンスです。自分は何をやりたいのか?それを実現できるのはどの会社なのか?納得のいく結果を得るために多くの企業を知り、その上で「本気で」活動して下さい。応援しています。

技術開発職 M.K

技術開発職 M.K

私が就職活動中に気を付けていたことは自分らしさを出すこと、わかりやすく話すことです。
面接官は多くの学生の話を聞いていらっしゃるので、誰を次の選考に進めるか決定することは大変なことだと思います。その中で、面接官の記憶に残るためには自分の個性を表現するのが一番大事なことだと考えます。なかなか自分らしさについて考えることはないかもしれないですが、身近な人に聞いたりしてしっかり自分らしさを理解し、それをぶれない軸として持っておくと良いと思います。
また、自分の中ではまとまっているつもりでも、人に話すときは緊張したりして上手く話せないこともあると思います。自分らしさを上手く伝えられないのは勿体ないので、私の場合は伝えたいことを丸暗記するのではなく、キーワードだけ頭にいれて、できるだけ簡潔に話すように心がけていました。
最後になりますが、何事も自分らしさを大切に、準備を怠らずに頑張って下さい!

営業職 M.M

営業職 M.M

私が就職活動をする中で常に心がけていたことは「自分に自信を持つこと」です。
私も就職活動を始めた頃、他人と比較して焦りと不安でいっぱいでした。自分をよく見せようとすればするほど焦ることに気付いてからは、まず自己分析を徹底することから始め、常に等身大の自分で勝負してきました。いい意味での自信を持つことで、ありのままの自分を相手に伝えることができると思います!
また、周りの意見や本・インターネットの情報だけを鵜呑みにせず、とにかく思い立ったら行動に移して下さい。自分の目や耳で見聞きしたことが、人から伝わることよりも強く印象に残り一番信頼できます。
既に業界を絞っている人も自分の考えに固執せず、なるべく多くの業界・業種を見て視野を広げることをオススメします。可能性は無限大です。
就職活動に正解・不正解はないので、自分を信じて最後まで諦めずに頑張って下さい!

小林製薬に決めた理由

研究開発職 H.T

研究開発職 H.T

私が小林製薬に入社しようと思った理由は大きく2つあります。
1つ目は「新しさ」です。既存の製品の改良だけでなく、常に潜在ニーズを探し新規市場の開拓に積極的に取り組む姿勢は他社にはない魅力であり、私が目標とする「ものづくり」で人を驚かせ感動させられる唯一の企業であると確信しました。
2つ目は「人」です。研究所見学の際、明るく溌剌とした方からゆったりとした雰囲気の方まで、様々な先輩社員の方にお会いしたので、その中でも「ここだけはどの社員も共通して同じだ、と思うところはどこですか。」という質問をした時、「どの社員も、人が好きです。」というお話をして頂いたことがありました。部署に関係なく社員同士が助け合いながら向上して行ける環境であることを知り、私も是非一緒になって働きたいと思い入社を決めました。

技術開発職 Y.S

技術開発職 Y.S

私が小林製薬の技術開発職に決めたのには3つの理由があります。
1つ目は、若手から多くの仕事を任せてもらえる点です。研修が終わると自分の担当商品が与えられすぐに第一線で働くことができ、その為の研修も技術開発職は10ヶ月としっかり教育を受けることが出来るからです。
2つ目は、チャレンジできる環境があることです。小林製薬は、お客さまも気付いていない必要なものを発見しカタチにすることで、年間数十種類の新製品を作り続けています。失敗を恐れずチャレンジ出来る環境がある会社です。私は、「あったらいいな」というアイデアから目に見える物を創り世の中に出して評価される仕事に魅力を感じました。
3つ目は、実際に工場見学で技術開発の社員の方と話をした時に、目を輝かせて仕事内容を話されている姿を見て、こんな会社で自分も働けたら幸せだと感じたからです。
これらの理由から、私は小林製薬で働きたいと強く思い入社を決めました。

営業職 D.H

営業職 D.H

私は多くの企業の説明会や選考で社員の方々とお話しできたと思います。その中で、「自分もこの人のような社員になりたい。」といった、自分の将来像を思い描くことができた会社が小林製薬でした。
“あったらいいなをカタチにする”この明確な目標に向かって、日々アイデアを考えながら取り組む社員の方々の姿に、チームワークと魅力を感じました。
また、人事部の採用担当の方との出会いは衝撃的な出来事となりました。志望企業を決めかねていた私の相談話を、まだ選考段階なのに親身になって聞いてもらい、厳しいアドバイスももらいました。そのアドバイスは私の人生を変える起点になったと思います。
社員の方々の話や選考を通じて会社や仕事に憧れを抱いたと同時に、そのような先輩方と一緒に働きたい、自分も後輩からそう思われる先輩になりたい、と強く思いました。
これらの理由で私は小林製薬に入社を決めました。

リクナビ2018 インターンシップエントリー受付中