こんな時にアルピタン

アルコール頭痛が起こるタイミングを聞いてみました!

こんなアルコールなどの頭痛を抑えたいあなたに!

食事の前にまたは食間にアルピタン

一般的な頭痛薬(洋薬)は、服用前後のアルコールの摂取(飲酒)が禁じられてますが、アルピタンは、服用前後にアルコールを摂取されても差し支えありません。

漢方処方'五苓散'がアルコールなどによる頭痛の原因に作用。アルコールによるつらい頭痛や二日酔いを抑えます。

お求めは、お近くの薬局薬店の頭痛薬もしくは胃腸薬売り場などへ