悪玉コレステロールが高めの方に紅麹コレステヘルプで悪玉コレステロールを下げる!

※LDLコレステロール値140mg/dL未満
[ 届出番号 F216 ] 本品には米紅麹ポリケチドが含まれます。米紅麴ポリケチドにはLDL(悪玉)コレステロールを下げる機能があることが報告されています。LDL(悪玉)コレステロールが高めの方に適しています。

「紅麹コレステヘルプ」は
こんな人におすすめ!

  • 外食や脂っこい食事が多い
  • 食生活が不規則になりがち
  • 将来の健康状態が不安
  • 健康診断でLDL(悪玉)コレステロールが高めと指摘された

※本品はLDL(悪玉)コレステロール値140mg/dL未満の方を対象としています。

「紅麹コレステヘルプ」

コレステヘルプ
紅麹コレステヘルプとは?

小林製薬がこだわりの自社原料「紅麹」を用いて開発・商品化したサプリメント。臨床試験でその有効性が報告されている米紅麹ポリケチドを配合した機能性表示食品です。

LDL(悪玉)コレステロールが
高まると…?

HDL(善玉)コレステロール / LDL(悪玉)コレステロール

LDLコレステロールなどが沈着してプラークになると、血管が狭くなって狭心症が起こる事が知られています。さらに柔らかいプラークが破綻してそこに血栓ができると、血管が詰まるため、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすと言われています。

LDLコレステロールの正常範囲は140mg/dl未満です。140mg/dl以上の場合は高LDLコレステロール血症になります。
高コレステロール食品や動物性脂肪の摂り過ぎに注意し、生活習慣に気を付ける事が大切です。

実は、大半が肝臓で
作られている!?

コレステロールとは脂質の一つで、もともと私たちの体の中にある成分です。大半は食事から摂取するイメージが強いですが、実は体内のコレステロールの約7割が肝臓で作られていると言われています。

よって、食生活の改善とともに、肝臓でのコレステロールの生成自体を抑えることにも注目されています。

コレステロールの生成自体を抑えることが必要

LDLコレステロールを
下げる事が出来る
「米紅麹ポリケチド」とは?

肝臓でコレステロールの生成を抑える事で、LDL(悪玉)コレステロールを下げる事が報告されている「米紅麹ポリケチド」。
臨床試験でも、摂取8週後にLDL-C値が有意に低下し、また摂取を終了した後の回復期では、数値が元のレベルに戻ることが確認されています。

  • <試験条件>
    二重盲検ランダム化比較試験
  • <摂取期間>
    試験食摂取期間8週間(後観察(回復期)2週間の計10週間)
  • <対象者の属性>
    LDL-C境界域高値120~139mg/dLかつTG
    正常値150mg/dL未満の方10名(プラセボ群:5名、介入群:5名)
  • <介入>
    米紅麹ポリケチド2mg/日
  • * p<0.05:Dunnet法によるプラセボ群との比較で有意差あり
  • 機能性関与成分の研究レビューで採用した論文を提示しています。なお、本品は2mg/日の米紅麹ポリケチドを含んでいます。
  • 出典:日本抗加齢医学会雑誌、Vol.14、No.4、Page 533-541、2018、庄司らのデータを元に一部改変

コレステヘルプ

商品名
紅麹コレステヘルプ 機能性表示食品
名称
米紅麹配合食品
内容量
20日分(240mg×60粒:14.4g)
1日摂取目安量
3粒
  • 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
  • 国の許可を受けたものではありません。
  • 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

製薬会社ならではの安心の健康品質

小林製薬では、原材料の選定から
配合や形状の決定まで、
小林製薬の厳しい基準で行っています。

Contents

CM動画