ビフナイト

step1

こんなにあるニキビの種類 キミのニキビはどのタイプ?

ニキビには、いろんな種類があります。

ニキビと言っても、状態も症状もいろいろ。
どんな状態かで、呼び方も変わるし、治療の方法も違います。
顔にいくつかできたニキビも、いろんな状態のニキビが
一緒にまぜこぜになっていることもあるのです。
だから、ニキビの種類を知って、自分のニキビに合った
対処法を選ぶようにしましょう。

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあります

思春期ニキビ

  • Tゾーンと呼ばれるおでこや鼻の周りにできやすいのが思春期ニキビ。女の子も男の子も、成長期に男性ホルモンの分泌が一時的に増えることで、皮脂が過剰に分泌されることが原因!
  • 年齢:20歳前後まで、主な原因:過剰な皮脂の分泌
  • 皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなり、皮脂が大好物のアクネ菌が繁殖します。さらに思春期に強く炎症したニキビは跡が残ってクレーターになり、大人になっても治らない皮膚の凹凸ができてしまうことも。

大人ニキビ

  • Uゾーンと呼ばれるアゴや口の周りにできやすいのが大人ニキビ。肌の乾燥や食生活の乱れ・ストレスが原因で皮脂の量が増え、毛穴を詰まらせてニキビになるのです!
  • 年齢:20歳以降、主な原因:肌の乾燥、ストレス、食生活の乱れ など
ここがポイント
思春期ニキビのころから正しくニキビケアを!次はニキビの症状を確認してみよう!

ニキビは症状によって、大きく2つにわかれます。

炎症のないニキビ
白ニキビ 黒ニキビ
白ニキビ
ニキビの初期段階が、白ニキビです。皮脂がたまって毛穴がつまった状態で盛り上がり、ぽつっと小さな白い点に見えます。つぶしたい気持ち満点になるニキビNo.1!
黒ニキビ
白ニキビの毛穴が開いて、酸化した皮脂などによって黒く見える状態。シミやホクロのように見えたり、ちょっぴり不潔なイメージに見えることも。
炎症を起こしたニキビ
赤ニキビ 膿ニキビ
赤ニキビ
白ニキビが悪化して、赤くはれ炎症が起きた状態。アクネ菌が皮脂を栄養に増殖。しっかり治療しないとニキビ跡になることも。
膿ニキビ
赤ニキビから炎症が激しくなったニキビの最終段階の状態。黄色い膿(うみ)が見え、外へ出ようとしています。

ニキビができる場所とその原因

Tゾーン(眉毛から眉間、鼻筋)
眉毛から眉間、鼻筋にかけてのTゾーン。ここは皮脂腺が発達して、皮脂のもっとも多い部分です。
原因
過剰な皮脂の分泌により、毛穴がふさがってしまうのが原因。ホルモンバランスが安定しない10代やオイリー肌の人に多くできます。
おでこ
思春期ニキビの大半はおでこにできるとも言えるくらい、いちばん多く見られる場所です。
原因
思春期のホルモンバランスの乱れがいちばんの原因。さらに前髪の毛先やシャンプーの洗い残しが刺激になってニキビを引き起こすことも。
あご・首
あごや首の周辺は、男性ならヒゲが生える場所。女子でも男性ホルモンの影響でニキビができやすい傾向があります。
原因
男性ホルモンの影響だけでなく、頬づえなども皮膚の刺激となってニキビをできやすくする原因にもなります。
口のまわり
食べ過ぎや油っぽい食事が多くなり、胃腸が弱ると口のまわりにニキビができやすくなります。
原因
栄養バランスが偏るとニキビができやすくなるので、偏食や食べ過ぎなど暴飲暴食には注意しましょう。
背中
鼻やおでこと同じくらい皮脂腺が多いので、背中もニキビができやすい場所です。
原因
背中は汗をかきやすく、特に寝ている間は通気性が悪く汗がたまりやすいのでニキビができやすい状態になっています。

ニキビをしっかり退治するには、ニキビの種類を知ることも大事なんだ!

気になる項目をClick!

ページトップへ

小林製薬株式会社  [からだの悩みから選ぶ]

目・鼻・耳の悩み
目のトラブル
花粉症、ちくのう症
耳なり
かすみ目・疲れ目
不眠・疲労の悩み
不眠
風邪・熱・のどの悩み
風邪・発熱
のどの不快感
肩・腰・関節などの悩み
肩・腰・関節などのコリ・痛み
女性の悩み
排尿痛、残尿感に
妊娠
更年期障害
おりもの・生理・デリケートゾーン
手足の悩み
手足のあれ・角質
足が疲れた時・冷え
足ムレ・消臭・外反母趾
水虫
神経痛
血液の悩み
貧血
高コレステロール
暑さ・汗の悩み
暑さ
かゆみ・傷の悩み
傷・さかむけ・やけど
あせも・虫刺されのかゆみ
お肌の悩み
にきび・しみ・日焼け
くすみ・たるみ・乾燥
傷あと
湿しん・皮膚の炎症
お口の悩み
口臭・歯間の汚れ
歯周病・口内炎
入れ歯ケア
おなかの悩み
膨満感・繊維不足・胃
おなかの脂肪