温活セルフケアの美容コラム セルフケア博士のあったかコラム

07

冬バテとは?

1.はじめに

「夏バテ」という言葉は耳にしたことがあると思いますが、「冬バテ」という言葉を耳にしたことはあまりないでしょう。「夏バテ」は暑さに対して身体が適応できなかったり、暑さによる疲れがたまったりする現象で、暑さに起因して様々な体の不調が起こる状態です。一方、「冬バテ」は夏バテと反対で、寒さに対して身体が適応できなかったり、寒さによる疲れがたまる現象で、寒さに起因して起こる様々な身体の不調を表します。夏バテに比べ、冬バテという言葉はあまり浸透していませんが、暑さ・寒さを調節する機構は自律神経と呼ばれるシステムであるため、寒さ調節が頻繁になると、暑さ同様、冬バテが生じます。

2.冬バテとは

人間にとって寒さは最大の脅威です。一般的に体温は36.5℃前後が正常ですが、35.5℃になると自律神経機能が正常に働かなくなり、自律神経の失調が起こります。そして、34.0℃は救助された後に人が回復できるかの限界の温度とされ、33.0℃になると幻覚症状が現れます。このように、体温維持は生命維持においてとても重要なことから、身体は体温が下がると、全力で体温を上げようと働くのです。

一方、冬バテとは、外界の温度が下がると身体が冷えるため、それを調節するために体内の温度を上げようと、自律神経をはじめとしたシステムが働いた結果、疲労をもたらすことを言います。この体温調節は、人にとっては必要な調整なのですが、現代社会では、温度差が激しいと過度な調節が必要なこと、また、ストレスなどで体温を調整する能力が低下していること、さらには生活習慣などが乱れていると自律神経機能は低下していることなどから、近年冬バテする人が増えてきたものと考えられます。

3.冬バテを起こしやすい人

冬バテは身体の自律神経機能と大きく関係しています。体温の調整には自律神経、特に交感神経と副交感神経の働きが必要不可欠ですが、温度差が激しい時期や場所で生活していると、過度な体温調整が必要になることから、冬バテしやすいと考えられています。

一方、ストレスが強いと交感神経活動が亢進しているため、体温を調整する能力は低下しているため、過度なストレスは冬バテをおこしやすい状態であると考えられます。さらに、体温調節に重要な器官に筋肉はありますが、筋肉量が低下すると、体温を上げることが難しいことから、運動不足も冬バテの原因となります。

このように、温度差が激しい環境で生活している人、ストレスが強い人、さらには運動不足の人は冬バテをしやすいと言えます。

4.冬バテの対策

冬バテの対策としては、ストレスの軽減です。ストレスは交感神経活動を亢進させ、体温調節を難しくします。そのために、ストレッチなどで身体を緩めるなどの対策が必要です。また、筋肉の量は体温維持にはとても重要なことから、定期的な運動が必要です。特に現代人は生活様式の変化から運動不足であることが多いことから、筋肉を鍛えるために、腕立て伏せや腹筋、スクワットを毎日10回程度行うようにしましょう。

筋力をつけるための体操

腕立て伏せ
腕立て伏せ

腕はもちろん大胸筋という、胸の大きな筋肉にはたらきかけて、筋力をアップ。通常の腕立てがきつく感じる人は、ひざをついて行ってもOK。

腹筋
腹筋

腹筋群はたくさんの筋肉が集まっており、ここを鍛えることは筋力アップに効率的。勢いで起き上がらず、おなかの筋肉を意識して行うこと。

スクワット
スクワット

大腿四頭筋やハムストリングスなどを鍛えることができる。背筋はしっかりと伸ばし、太ももと床が水平になるまでひざを曲げるのがコツ。

×3〜4セット

さらに、温度変化が激しくなると、その都度体温調節が必要になることから、室内と室外の温度差がなるべく少なくなるように心がけましょう。特に、ストレスが強い方や運動不足の方は、急に暖かい室内から外に出たり、寒い外から、暖かい室内に入るなどはさけ、一度玄関や踊り場などでワンクッションをおくように心がけましょう。

なお、温度差を少なくするために、衣服やカイロで調整することも効果的です。特にカイロは血管が表面にある首元、太ももの付け根などを温めると効果的です。

5.まとめ

近年、ストレスや運動不足など、生活習慣の変化により自律神経調節機能が低下している人が多く存在しています。自律神経は体温調節には必要不可欠であることから、自律神経機能の低下は冬バテの原因となるため、注意が必要です。

なお、冬の始まりは、暖かい日と寒い日が繰り返されますが、身体は寒さに慣れていくためには寒冷順化として、自律神経が過度に働きます。そのため、自律神経調節機能が低下している人は、季節の変わり目が苦手であるとともに、冬バテになりやすいサインとも言えます。日ごろから、ストレスを減らし、運動を行うなどの対策を行いましょう。