ドクターが教える
“女性ホルモンと更年期”

「更年期」は女性の誰もが経験すること!

「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。
初潮の年齢が人それぞれに異なるように、
閉経の年齢にも個人差がありますが、女性なら誰もが経験することです。
日本人女性は閉経が50歳前後と言われており、
そのため、一般的には45~55歳が、「更年期」と言われる期間になります。

一方「更年期症状」は、閉経に向けての体の変化に対応できずに
調子がおかしくなった結果あらわれる不快な症状のことです。
症状は幅広く、また症状が重い人もいれば、軽い人もいます。
自分の更年期症状に上手に付き合っていくことが、
更年期を元気に乗り切るコツです。

吉田 麻美 先生

監修医師:吉田 麻美 先生
医療法人 恒昭会 藍野病院
内科部長、栄養管理部長

兵庫県 西宮市に生まれ、病弱な幼少期を経て、医師を目指すように。もともと虚弱な自分を救ってくれた漢方医学を学ぶ。家族は夫と、2人の娘たち。

更年期とホルモンバランスの関係

更年期とホルモンバランスの関係

更年期の不調は女性ホルモンが減少したり、バランスが崩れたりするため、引き起こされます。女性ホルモンを補充するという治療もありますが、多くの副作用があることが知られており、補充し続けることは難しいです。

そのため、女性ホルモンの乱れによって崩れた女性のからだを基礎から整えて、からだ本来の力で女性の健康を取り戻すことが重要になります。
ホルモン変化に逆らわず、『からだを整えるという選択』で、自分らしく、前向きに過ごせる身体に整えていきましょう。

不調の原因

正常なホルモン分泌の場合

正常なホルモン分泌の場合
  1. ① ホルモン分泌司令塔(視床下部・下垂体)が
    女性ホルモン分泌を指令する
  2. ② 卵巣から女性ホルモンが分泌される
  3. ③ 女性ホルモンの血中濃度が高まると指令も止まる

更年期の場合

更年期の場合
  1. ① ホルモン分泌司令塔が
    女性ホルモン分泌を指令するが…
  2. ② 卵巣から十分な女性ホルモンが
    分泌されない
  3. ③ 下垂体から指令が出続ける(異常状態)
  4. ④ 異常状態が、隣接する視床下部に伝わる
  5. ⑤ 自律神経に異常発生!

エストロゲンの分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分ですが、45歳を過ぎるころから、いくら下垂体が「分泌」の指令を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは出にくくなります。

これを受けて、下垂体はさらに「分泌」の指令を送りますが、やはり分泌はされにくいまま・・・このために脳が混乱をきたします。

視床下部は、からだの様々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。

代表的な更年期症状

突然の汗

イライラ

重だるさ

更年期は誰にでも訪れる期間ですが、その間に更年期障害を感じるかどうかは個人差があります。不調をほとんど感じないで過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。

また、どんな症状を感じるか、その数や種類も人によって異なりますし、同じ症状でも日によって出方やつらさが違うこともあります。

年齢とともに症状の種類は変化する

グラフ

更年期以降の女性における卵巣機能とエストロゲン減少の変化には症状と時間に関連性があることがわかっています。 まず、エストロゲンの減少に伴い、ホットフラッシュ(顔面紅潮)、発汗が早期に出現します。

このような自律神経失調症状があらわれた後に、倦怠感、うつ、不眠などの精神症状が出現します。
一方、エストロゲン減少による臓器の変化として、泌尿生殖器の萎縮、骨量減少、脂質異常症、動脈硬化が徐々に進行していきます。

このような臓器への変化は、閉経前後から発症しているものの、症状として感じるようになるのは閉経後しばらく経ってからであるため、エストロゲンの減少からこれらの症状の出現までには時間的なズレが生じます。

先生おしえて!更年期症状に
どうやって対処すればいいですか?

監修医師:吉田 麻美 先生
医療法人 恒昭会 藍野病院
内科部長、栄養管理部長

吉田 麻美 先生
更年期症状にはどんな対処法があるの?
更年期症状への対処法は、大きく3つの方法が考えられます。
・ホルモン補充療法(HRT)
・漢方治療
・サプリメント

ここでは、更年期症状の改善に用いられる3つの対処法それぞれのメリット・デメリットをご紹介。
自分にあった更年期の対策で、上手に年齢を重ねるウェルエイジングを目指しましょう。

まとめて知りたい!
それぞれの対処法の
メリット、デメリット

対処法 メリット デメリット
ホルモン補充療法
(HRT)

さらに詳しく

・一般的に有効性が高い
・特に、ホットフラッシュに有効
・骨粗鬆症や血圧上昇、コレステロール値にも効果がある
副作用があらわれることがある
  1. ①生理のような不正出血
  2. ②胸の張り、ムカムカ
下記のような既往歴のある人は服用を控える必要がある
  1. ①乳がん
  2. ②子宮がん
  3. ③血栓症
漢方治療

さらに詳しく

・複数の生薬を含むため、一剤で幅広い対応が可能
・種類が豊富
・比較的長く飲み続けられる
・自分に合った(証に合った)漢方処方を選択する必要がある
・副作用が少ないといわれているが、人によっては副作用があらわれることもある(発疹や胃腸症状など)
・飲みにくい人もいる
サプリメント

さらに詳しく

・手軽にいろんな栄養素を補給できる ・医薬品ではないので、有効性が不確かな成分もある
・摂りすぎには注意が必要
吉田 麻美 先生
監修医師:吉田 麻美 先生

対処法はひとつではありません。たくさんある方法の中から、自分に合った対処法を選択したり、場合によっては組み合わせたりすることで、つらい更年期を乗り越えていきましょう。
気になることがあれば、医療機関を受診したり、薬局・ドラッグストアで薬剤師や登録販売者に相談することが大切です。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)ってなに?

ホルモン補充療法とは、減ってしまったエストロゲンを補うことで、
更年期症状を改善する治療法です。

ホットフラッシュをはじめとするほてり、発汗、動悸などの自律神経失調症状によく効きます。また、イライラ、不眠などの精神神経症状や頭痛、肌の乾燥など更年期全般に効果があります。

グラフ
ホルモン補充療法(HRT)の
具体的な治療法って?

HRTに使用されるお薬には、
・飲むタイプ(飲み薬)
・経皮吸収タイプ(貼り薬、塗り薬)
があります。

HRTは、エストロゲン剤が基本です。エストロゲン剤だけを使い続けると子宮内膜が厚くなるので、子宮内膜の掃除のためにプロゲステロン(黄体ホルモン)剤を使います。 それぞれの特徴は以下の通り。

  • 内服薬(飲み薬)

    ・腸管から吸収され、肝臓を通過した後に効果を発揮します。
    ・エストロゲンと黄体ホルモンの両方を摂取するタイプの内服薬もあります。
    ・比較的安価です。
  • 経皮薬(貼り薬・塗り薬)

    ・成分が皮膚から直接血管に吸収され、効果を発揮します。
    ・胃が荒れやすい、肝障害、高コレステロールの人にも適しています。
    ・貼るパッチ剤でかぶれやすい人は、塗り薬のジェルタイプを用います。
ホルモン補充療法(HRT)は
どのように使うの?

周期的に使う or 毎日使うエストロゲンのみを使う or プロゲステロンを併用する、
これらの違いによって大きく分けて4つのパターンがあります。

HRTはひとりひとりの症状や体の状態に応じて処方を調整していきます。どんなやり方が自分に合うのか、医師と相談して決めましょう。

代表的なホルモン補充療法(HRT)4つのパターン

  • エストロゲンとプロゲステロンを
    周期的に使う

    エストロゲンを1ヶ月のうち23~25日間毎日使い、そのうちプロゲステロンは10~12日間使う
    →生理のような出血が起こる

  • エストロゲンは毎日、
    プロゲステロンは周期的に使う

    エストロゲンは毎日使い、そのうちプロゲステロンは1ヶ月のうち10~12日間使う
    →生理のような出血が起こる

  • エストロゲンとプロゲステロンを
    毎日使う

    エストロゲン、プロゲステロンとも毎日使う
    →生理のような出血が起こらなくなる(閉経から数年が経っている人向け)

  • エストロゲンだけ
    毎日使う

    子宮を切除した人、または3~6ヶ月間ホルモン補充療法(HRT)を行う人、弱いエストロゲン剤「エストリール」を使う人はプロゲステロンなしでエストロゲンだけを使える

漢方医学

漢方医学は、西洋医学とどう違う?

漢方薬や生薬製剤が、西洋医学の薬剤と違うところは、病名ではなく、
その人の「証(体質など)」に合わせて処方されるということです。

イラスト

西洋医学は、症状に対して西洋医学的に病名を診断し、病名に対して治療します。
一方、漢方医学は、あらわれている症状に加えて、その人の証を診断し、体型や顔色、体質などを総合的に判断して処方が決まります。そのため、一言で「更年期の諸症状」といっても、処方は違ってきます。
このように、漢方医学は、病名ではなく随証治療(ずいしょうちりょう)という手法を使い、西洋医学とは全く異なる戦略で治療を行います。

どんな漢方薬があるの?

代表的な漢方薬として、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散、桃核承気湯、
温経湯、八味地黄丸などがあります。

グラフ
漢方薬はどのように使う?

漢方は一日3回、基本的に食前または食間に服用します。
自然由来の生薬でおだやかに効いていくため、長期間服用し続けることが大切です。

イラスト

漢方薬は、長く飲み続けられますが、まずは2週間ほど服用して、自分に合っているかどうかをおよそ判断することができます。更年期の症状が強いときには、漢方薬とHRTを併用し、症状が落ち着いてきたら漢方薬だけを長く続けるという方法をとっている人もいるようです。
また、女性ホルモン剤が服用できない人(乳がんや子宮がんの治療中の人など)には、漢方薬は更年期治療の第一選択になることもあります。

吉田 麻美 先生
監修医師:吉田 麻美 先生

漢方薬は、医療機関で処方してもらうこともできますが、薬局やドラッグストアなどで市販されている医薬品を用いて対処することもできます。
気になる症状がある場合は、薬剤師や登録販売者に御相談ください。

サプリメント

サプリメントはどのように使う?

更年期の女性が摂りたい栄養素、食事で足りない分をサプリメントで補給することができます。

イラスト

更年期だからこそ摂りたい栄養素があります。しかし、多忙な現代女性の食生活では、必要な栄養素をすべて食事でまかなうことは、難しいかもしれません。足りないものはサプリメントで補うことも、一つの方法です。

どんなサプリメントがあるの?

1.大豆イソフラボン/エクオール
2.ブラックコホシュ
3.セントジョーンズワート
4.ビタミン など

更年期の女性に役立つ代表的なサプリメントをご紹介します。

1.大豆イソフラボン/エクオール

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆に含まれるえぐみ成分です。人の体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、植物性エストロゲンと呼ばれています。
海外での臨床試験では、更年期症状や血液中のコレステロール値などが改善したとの報告も発表されています。
こうした効果が得られるのは、大豆イソフラボンが体内で本来エストロゲンがくっつくべき受容体という鍵穴にくっつき、見かけ上、エストロゲンが増えた状態を作り出すためと考えられています。
しかし、現在までのところ更年期症状に関する最終的な結論は出ていません。

イラスト
エクオール

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されることで作られます。大豆の働きの元になっている一つがこの「エクオール」という成分であることが、近年の研究からわかってきました。しかし、腸内細菌の個人差によって日本人では2人に1人がエクオールを作ることができないと言われています。そのため、エクオールを直接摂取できるサプリメントが最近注目されています。

2.ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、もともと北米に分布していたハーブで、古くから「女性のハーブ」として欧米各国で親しまれてきました。米国では、更年期女性を対象にしたサプリメントが発売され、民間療法として人気があります。最近では、臨床試験も数多く行われており、今後ますますの研究が期待されています。

※厚生労働省より以下の通知が出ていますので、合わせてご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/060803-1.html

イラスト

3.セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは、うつ気分を晴らして気持ちを前向きにしてくれる効果が期待できることから、欧米では「サンシャインハーブ」と呼ばれています。更年期の症状の中でも、「気持ちが落ち込む」「何もする気がしない」といった精神的な症状が強い人のためのサプリメントです。

イラスト

4.ビタミン

女性ホルモンが減少してきている女性に欠かせないのは、ビタミンです。ビタミンはプレ更年期や更年期の基本となるサプリメント。新陳代謝や疲労回復に欠かせないビタミン類をしっかり摂ることがポイントになります。
特に、ビタミンEは女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」の材料となると同時に、ホルモン分泌やバランスを整える働きがあることが報告されています。

イラスト
吉田 麻美 先生
監修医師:吉田 麻美 先生

サプリメントは薬ではないので、すぐに効果があらわれるわけではありません。2~3ヶ月続けながら様子をみて、体調がよくなるようであれば続けてみもいいでしょう。
また、HRTや漢方治療と併用することもできます。但し、飲み合わせがよくない成分や過剰摂取に気をつけたい成分もありますので、医師、薬剤師または登録販売者に御相談ください。


もしかして更年期…?と、思ったら 女性保健薬 命の母A Webストアでもお取り扱い中!