関節痛

女性

症状の概要

更年期になると、手指や膝などの様々な関節の痛み、腫れ、こわばりを感じる人が多くなります。これらの症状がひどくなると、階段の昇り降り、椅子から立ち上がるときなど、日常生活にまで影響がでてきます。

症状が起こる要因

加齢だけでなく、エストロゲンの減少によって、関節にある骨や軟骨、筋肉などが衰えて、関節の痛みや腫れ、こわばりが引き起こされるといわれています。

簡単な対処法

適度な運動によって関節痛が和らぐという報告もあり、適度なストレッチや運動をするように心がけましょう。また、お風呂などで温めることで血流が良くなり、関節痛が改善されることもあります。ドラッグストアなどで市販されている鎮痛剤や漢方薬なども効果が期待できます。
しかし、症状がひどい場合は、専門の医師に相談してみましょう。

【参考資料】
女性医学ガイドブック 更年期医療編 2014年度版, 日本女性医学学会編, 金原出版株式会社
ホルモン補充療法ガイドライン2017年版,日本産婦人科学会/日本女性医学学会監修
【監修】
医療法人 恒昭会 藍野病院 内科部長、栄養管理部長
吉田 麻美先生

その他、更年期に関する情報