手指の痛み、しびれ、こわばり

女性

症状の概要

更年期になると、手指の不調(腫れ、痛み、しびれ、動かしにくさ)を訴える人が多くなります。以下、代表的な疾患になります。

  1. ヘパーデン結節、ブシャール結節

    ヘパーデン結節は、指の第1関節が赤く腫れたり、痛みを伴ったりします。また、動かしにくくなり、関節が変形したりします。指の第2関節に同様の症状がみられるものを、ブシャール結節といいます。

  2. 母指CM関節症

    母指CM関節症は、物をつまむ時やビンのふたを開ける時など母指(親指)に力を必要とする動作で、手首の母指の付け根付近に痛みが出ます。進行するとこの付近が膨らんできて母指が開きにくくなったり、母指の指先の関節が変形したりします。

  3. ばね指、ドケルバン病

    指は筋肉の力を伝える腱によって曲げ伸ばしをすることができます。その腱が浮き上がらないように押さえているのが腱鞘と呼ばれるもので、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。
    指の付け根付近に力がかかり、腱と腱鞘の間で炎症が起こると、腱鞘炎になります。腱鞘炎になると、腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。さらに進行すると、引っ掛かりが生じばね現象が起こります。これを「ばね指」と呼んでいます。また、親指の腱と腱鞘の間の腱鞘炎によって、腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側で痛みや腫れを感じるのを、「ドケルバン病」といいます。
    朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。

  4. 手根管症候群

    手根管とは、1本の正中神経と9本の腱が通っている靱帯で囲まれたトンネル状の器官のことです。手根管症候群では、手根管の中で正中神経が圧迫されて、親指から薬指の親指側の3本半の指でしびれ、痛みが生じます。

症状が起こる要因

エストロゲンなどの女性ホルモンの急激な変化は、腱や腱鞘のむくみを引き起こして、腱鞘炎に繋がることが知られています。さらに、長年にわたる腱鞘炎は、関節軟骨にも悪影響を与えるという報告もあります。また、更年期だけでなく、女性ホルモンの大きな変動が起こる産後・授乳期にも、同様に手指の不調(腫れ、痛み、しびれ、動かしにくさ)が起こることが知られています。

簡単な対処法

保存的療法として、腫れ・痛み・しびれのある部位の安静と固定(テーピング、専用の固定具)や服薬(鎮痛剤、漢方薬など)があります。しかし、症状がひどい場合は、専門の医師に相談してみましょう。

【参考資料】
女性疾患としての手の痛み,日本女性医学学会雑誌 25(2), 307-311, 2018-04
日本整形外科学会HP(手・指の症状) https://www.joa.or.jp/public/sick/body/hand.html
【監修】
医療法人 恒昭会 藍野病院 内科部長、栄養管理部長
吉田 麻美先生

その他、更年期に関する情報