頭痛

女性

症状の概要

更年期にみられる主な頭痛として、以下のような症状が挙げられます

  1. 片頭痛
    • 頭の片側が痛む
    • 脈拍に合わせてズキンズキンと痛む
    • 日常的な動作(歩行や階段の昇り降りなど)により頭痛が悪化する
    • 悪心や吐き気などを伴うこともある
    • 太陽の光や音で痛みがひどくなる
  2. 緊張型頭痛
    • 頭の両側、全体が痛む
    • 圧迫されたように、締め付けられるように痛む
    • 日常的な動作(歩行や階段の昇り降りなど)により頭痛が悪化しない
    • 悪心・吐き気などを伴わない

症状が起こる要因

  1. 片頭痛

    片頭痛の有病率は女性に多く、特定の食物やアルコール、カフェインの摂取、睡眠不足等と並んで、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が明らかな要因であると考えられています。また、純粋な月経関連の片頭痛も月経時・黄体期のエストロゲンの低下で説明されています。

    このため、片頭痛はエストロゲンの「ゆらぎ」が大きい閉経前は一過性に悪化し、エストロゲンの変動がみられなくなる閉経後に軽快します。月経に関連する片頭痛の経験がある方は、閉経前の片頭痛が悪化するリスクが高いと考えられています。また、抑うつや不安などの精神症状とも関連することが報告されています。

  2. 緊張性頭痛

    緊張型頭痛は、無理な姿勢を続ける、目や肩の疲れなどの身体的ストレスだけでなく、心配ごとや不安などの精神的ストレスから、頭部の筋肉が過度に緊張するために起こることがあります。また、閉経後に症状が変わらない、あるいは悪化したと訴える女性が多いこと、肥満、運動不足、喫煙などが危険因子であるとする報告があります。

簡単な対処法

片頭痛の場合は、アルコールやカフェインの摂取を控え、睡眠をしっかりとるようにしましょう。緊張型頭痛の場合は、長時間の同じ姿勢や無理な姿勢を避けるようにして、適度にストレッチや運動をして血行をよくすることが大切です。また、ドラッグストアなどで市販されている頭痛薬や漢方薬なども効果が期待できます。いくつかの簡単な対処法がありますが、症状がひどい場合は専門の医師に相談してみましょう。

【参考資料】
女性医学ガイドブック 更年期医療編 2014年度版, 日本女性医学学会編, 金原出版株式会社
慢性頭痛の診療ガイドライン2013,日本神経学会・日本頭痛学会監修
【監修】
医療法人 恒昭会 藍野病院 内科部長、栄養管理部長
吉田 麻美先生

その他、更年期に関する情報