イライラ・怒りっぽい

女性

症状の概要

更年期になると、本人の意思とは関係なくイライラすることがあります。

  1. 些細なことに腹が立つ
  2. これまでは気にならないことにすぐカッとなる
  3. 特に理由もないのに不機嫌になる
  4. つまらないことにこだわってしまい、思考が堂々めぐりする

症状が起こる要因

通常、脳の視床下部からの命令が卵巣に伝わって、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されます。しかし、更年期になると卵巣機能が低下して、視床下部からの命令が正常に伝わらなくなり、イライラなどの精神神経症状などを引き起こします。

また、更年期は、老いの予感や限界の自覚、家族関係の変化などで最もストレスを受けやすい時期であり、こういった心理的、社会的な状況も症状に大きく影響すると言われています。

簡単な対処法

イライラの解消はストレスの解消と言っても良いでしょう。7時間以上の睡眠を十分にとり、身体的また精神的疲労回復に努めることが大切です。週末には十分な休養をとりましょう。ストレスを発散させるためにスポーツをすることもお勧めします。歩くことから始めて、軽いジョギングなどを毎日行いましょう。消化吸収の良い栄養バランスのとれた食事を摂取することも大事です。また、ドラッグストアなどで市販されている漢方薬なども効果が期待できます。

【参考資料】
女性医学ガイドブック 更年期医療編 2014年度版, 日本女性医学学会編, 金原出版株式会社
日本女性心身医学会HP
【監修】
医療法人 恒昭会 藍野病院 内科部長、栄養管理部長
吉田 麻美先生

その他、更年期に関する情報