更年期は女性ホルモンのひとつ、「エストロゲン」の分泌量が急激に減ることで
ホルモンバランスが乱れ、「のぼせ」「気持ちの不安感」「イライラ」「重だるさ」
「やる気がでない」「肩こり」「頭痛」など多岐に渡る症状が現れます。

もしかして更年期…?と、思ったら 女性保健薬 命の母A Webストアでもお取り扱い中!

漢方医学の視点から考えられた生薬の組み合わせ

漢方医学では、「気」「血」「水」という考え方があります。

  • からだと精神の活動に必要なエネルギー「気」
  • からだをめぐり、栄養や老廃物を運ぶ「血」
  • 血液以外のからだに必要な水分で、体に栄養を与え、
    不要なものを排出する「水」
「気」「血」「水」という考え方のイメージ図

この3つのバランスが健康には大切だと言われており、更年期で様々な症状に悩まされるのは、「気」「血」「水」が乱れているからだと考えられ、命の母Aには「気」「血」「水」のバランスを整え、更年期の不調を改善する13種類の生薬と11種類のビタミンなどが配合されています。

「命の母A」に含まれる 
女性に必要な13種類の生薬

13種類の生薬イメージ
  • 血

    女性ホルモン調整作用

    乱れがちな女性ホルモンのバランスを整えます

    トウキ末、シャクヤク末、センキュウ末

  • 気、水

    身体の基礎を整える作用

    胃腸機能を整え、更年期女性に不足がちな栄養素を補給します

    ダイオウ末、ソウジュツ末、ゴシュユ、ビタミン群、
    パントテン酸カルシウム

  • 血、気、水

    自律神経調節作用

    神経の興奮・緊張を緩和し、イライラを鎮めます

    カノコソウ末、ブクリョウ末、コウブシ末、
    ハンゲ、コウカ

  • 血

    血流改善作用

    血管運動機能を改善し、ほてりや冷え性を鎮めます

    トウキ末、センキュウ末、コウカ

  • 血

    滋養強壮作用

    抵抗力や新陳代謝を高め、身体の重だるさに効きます

    ニンジン末、ケイヒ末、タウリン

  • 大黄の写真

    大黄

    (ダイオウ)

  • 川芎の写真

    川芎

    (センキュウ)

  • 紅花の写真

    紅花

    (コウカ)

  • 芍薬の写真

    芍薬

    (シャクヤク)

  • 当帰の写真

    当帰

    (トウキ)

  • 桂皮の写真

    桂皮

    (ケイヒ)

  • 香附子の写真

    香附子

    (コウブシ)

  • 吉草根の写真

    吉草根

    (カノコソウ)

  • 人参の写真

    人参

    (ニンジン)

  • 蒼朮の写真

    蒼朮

    (ソウジュツ)

  • 茯苓の写真

    茯苓

    (ブクリョウ)

  • 呉茱萸の写真

    呉茱萸

    (ゴシュユ)

  • 半夏の写真

    半夏

    (ハンゲ)

更年期に積極的にとりたいビタミン類

命の母A商品写真

更年期は女性ホルモンの分泌が低下することから、体のあちこちにトラブルが起きやすくなります。
そのためには、栄養バランスをととのえることも大切。不足しがちなビタミン類をしっかりとることがポイントになります。

「命の母A」には、新陳代謝や疲労回復に欠かせないビタミンB群、抗酸化作用とともに血液の流れに関わるビタミンE、骨の材料になるカルシウム、代謝をうながすタウリンがバランスよく配合されています。

ビタミンB群
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
神経や筋肉などに役立つビタミンで、腰痛などの症状に効果を発揮します。
リボフラビン(ビタミンB2)
皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、にきびや肌荒れなどの症状を和らげます。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ビタミンB2同様、皮膚や粘膜、神経の働きを正常に保つ働きがあります。にきびや肌荒れを改善します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
血液中のヘモグロビンの合成に必要。また、末梢神経の働きを正常にします。
葉酸
血液を正常に保つ働きがあり、貧血改善効果が期待できます。
カルシウム
パントテン酸カルシウム
脂肪や糖質の代謝に関与し、栄養補給に役立ちます。
リン酸水素カルシウム水和物
骨の健康に必要なカルシウムを補給します。
タウリン、ビタミンE、ビオチン、精製大豆レシチン
タウリン
筋肉の働きを強くしたり、疲労物質である乳酸の蓄積を防ぎます。
ビタミンE(dl-α-トコフェロールコハク酸エステル)
血行を改善することにより、更年期に起こりやすい末梢血行障害による肩こりやしびれ、冷え、のぼせを改善します。
ビオチン
脂質、糖質、たんぱく質の代謝に関与し、皮膚炎などの緩和に役立つビタミンです。
精製大豆レシチン
脂質の代謝に関与し、栄養補給に役立ちます。

体格や体質を選ばない工夫

3大婦人薬と「命の母A」を構成する生薬
命の母A配合生薬図

更年期障害の治療には、漢方薬も広く用いられており、3大婦人薬と言われている「当帰芍薬散」 「加味逍遙散」 「桂枝茯苓丸」 などが適応される場合が多いです。

命の母Aは、3大婦人薬の構成生薬を参考にして、効能の範囲が広くなるように、また幅広い人に適応できるように、試行錯誤を重ねて配合生薬を選定し、女性のために考えた処方です。

製品ラインナップ、用法・用量

命の母製品ラインナップ

【製品ラインナップ】(左から)

1週間分(84錠) 700円(税抜)
3週間分(252錠) 1,800円(税抜)
5週間分(420錠) 2,600円(税抜)
10週間分(840錠) 4,700円(税抜)

【用法・容量】

1回4錠、1日3回毎食後に水またはお湯で服用してください
※ 15才未満は服用しないこと

命の母糖衣画像

命の母Aは、様々な生薬をエキスにせず、そのまま錠剤に詰め込んでいます。
少し量が多く感じられるかもしれませんが、生薬がもつ自然の力を発揮するための工夫です。

もしかして更年期…?と、思ったら 女性保健薬 命の母A Webストアでもお取り扱い中!