TOP > 東洋医学の考え方
東洋医学の考え方

東洋医学とは
「気」「血」「水」と生理の不調
生薬事典

女性特有の症状のために、東洋医学からからだのことを考えてみませんか?

東洋医学とは

中国で数千年以上前から用いられてきた伝統的な治療法が東洋医学です。
東洋医学の特長は、病気や症状を「からだ全体のもの」としてとらえることです。
例えば、目が痛いとき、西洋医学では「部分」である目を検査して、その「部分」を治療します。しかし、東洋医学では、目だけではなく、そのひとの「からだ全体」を診て、「からだ全体」のバランスを整えることによって自然治癒力を高め、病気を治していくのです。

気・血・水のバランス
東洋医学では、何か不調がおきるのはからだのバランスが崩れているから、と考えます。からだのバランスを保っているのは「気」「血」「水」と呼ばれる3つの要素。これらの3つが正常に体内をめぐることで、健康でいられると考えられています。

気・血・水「気」はからだと精神の活動に必要なエネルギーを指します。
「元気」「気力」など言われるように、「気」は目には見えませんが、生命活動の源を指します。

「血」はその字の通り、血液。
からだをめぐることで、栄養や老廃物を運びます。

「水」は、体液や分泌液。
血液以外のからだに必要な水分が、「血」と同様、からだに栄養を与えたり、不要なものを排出して、活動を支えます。

女性のからだは、デリケートでとても複雑にできており、ちょっとしたストレスや環境の変化などで、体調を崩しがちです。生理や更年期で様々な症状に悩まされるのは、東洋医学では「気」「血」「水」が乱れているから、と考えます。

次へ