再び活きる肌へ Saiki(さいき)

  • 保湿しても乾燥するワケ
  • 製品のご紹介
  • 使い方・Q&A
  • 「Saiki(さいき)」誕生のきっかけ
  • ヘパリン類似物質について

「Saiki(さいき)」誕生のきっかけ

  • TOP > 
  • 「Saiki(さいき)」誕生のきっかけ
再び、活きる肌へ。
毎年冬になると悩まされる乾燥荒れ肌。
肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因となり、長年女性の敵でした。
こんな乾燥荒れ肌の悩みに対して、製薬会社ができることはなんだろう。
そんな思いのもと生まれたのが、「Saiki(さいき)」です。
「乾燥荒れ肌を、スキンケアではなく医薬品で治す」という発想から、
奥底の弱った細胞を治す日本初※の処方を開発しました。
全ての方の、健やかな美しい肌へ。
これが、小林製薬の答えです。 ※医薬品としてヘパリン類似物質とグリチルリチン酸二カリウム・アラントインの組み合わせが日本初

開発背景

乾燥荒れ肌の悩みに、今までにないコンセプトを提案したい。

開発のきっかけは、乾燥肌用の医薬品には、顔の乾燥荒れ肌を考えた製品が少ないということでした。
多くの女性が悩んでいる、粉ふきやピリピリなど、肌の乾燥をくり返す症状は、化粧品で肌表面をうるおすだけでなく、細胞レベルから“治す”必要があります。
そこで、「化粧品では治せない顔の乾燥荒れ肌を医薬品で治す」というコンセプトのもと誕生したのが「Saiki(さいき)」です。

製品化への取り組み

医薬品の効果と化粧品の使い心地を追求

「Saiki(さいき)」は、医薬品としての効果と化粧品のような使い心地を両立させた製品です。
ひどく乾燥した肌に使うから、肌にやさしくなじませやすいローションタイプに。それでいて、しっとりとしたコクのある使用感を目指しました。

化粧品のような使用感と医薬品としての品質・有効性を両立するための試行錯誤をくり返すことで、つけると肌表面がしっとりうるおうだけでなく、肌の奥までしっかり浸透する「医薬品治療ローション」が完成したのです。

その後、肌にヴェールを与える治療乳液、ポイントで塗り込みやすい治療クリームをお客様の声にお答えして発売いたしました。

日本初※の処方

saiki 商品イメージ画像 さいきa 第2類医薬品 乾皮症、小児の乾燥性皮ふ さいきn 第2類医薬品 乾皮症、小児の乾燥性皮ふ さいきc 第2類医薬品 乾皮症、小児の乾燥性皮ふ

※医薬品としてヘパリン類似物質とグリチルリチン酸二カリウム・アラントインの組み合わせが日本初

これからの「Saiki(さいき)」について

女性の人生に寄り添える製品になって欲しい

肌の調子が悪いと女性はとても憂鬱です。
「Saiki(さいき)」の開発現場では、効果や心地良さ、使いやすさなど、まずは女性の開発メンバーが使用し、一人のユーザーとしての感覚を大切にしてきました。
今までくり返す乾燥荒れ肌で朝からいやな気分になっていた方も、「Saiki(さいき)」をお使いいただく事で、健康な肌を取り戻し、毎日を快適に過ごせることを願っています。

保湿しても乾燥するワケ

くり返す乾燥荒れ肌の方のために開発した乾燥荒れ肌治療薬です。「Saiki(さいき)」で乾燥荒れ肌を奥底※から治す!※基底層
  • 顔などの肌にやさしい低刺激性
  • 化粧品のような使い心地
  • 洗顔のあとの清潔なお肌に

製品のご紹介

pagetop

小林製薬株式会社  [からだの悩みから選ぶ]

目・鼻・耳の悩み
目のトラブル
花粉症、ちくのう症
耳なり
かすみ目・疲れ目
不眠・疲労の悩み
不眠
風邪・熱・のどの悩み
風邪・発熱
のどの不快感
肩・腰・関節などの悩み
肩・腰・関節などのコリ・痛み
女性の悩み
排尿痛、残尿感に
妊娠
更年期障害
おりもの・生理・デリケートゾーン
手足の悩み
手足のあれ・角質
足が疲れた時・冷え
足ムレ・消臭・外反母趾
水虫
神経痛
血液の悩み
貧血
高コレステロール
暑さ・汗の悩み
暑さ
かゆみ・傷の悩み
傷・さかむけ・やけど
あせも・虫刺されのかゆみ
お肌の悩み
にきび・しみ・日焼け
くすみ・たるみ・乾燥
傷あと
湿しん・皮膚の炎症
お口の悩み
口臭・歯間の汚れ
歯周病・口内炎
入れ歯ケア
おなかの悩み
膨満感・繊維不足・胃
おなかの脂肪

個人情報取り扱いについて | セキュリティポリシー | ご利用上の注意

Copyright(C)2015 Kobayashi Pharmaceutical Co., Ltd. All Rights Reserved.