日常生活に潜む
背中ブツブツの原因

日常生活にも背中ニキビが できる原因がある!?

背中やデコルテなどのブツブツは普段の生活が原因で発症することも。
あなたにも心当たりありませんか?

  1. 原因01紫外線

    紫外線は活性酸素を発生し、そのために炎症が悪化します。結果、ブツブツは増えやすくなったり、治る過程での炎症後色素沈着を悪化させて黒っぽい痕を残します。いったん痕になると自然にはなかなか消えにくくなります。
    紫外線は薄い衣服は通します。特に夏場は必ず日焼け止めを塗りましょう。

  2. 原因02

    汗をかくと、雑菌が増えやすくなり、炎症が悪化しやすいです。とくにマラセチア菌の場合は汗で一気に悪化しやすいです。夏場はもちろん、最近は冬でも防寒用の下着でかなり汗をかくことが増えました。吸湿性のいい下着をつけたり、こまめに汗を拭くなどして清潔を保ちましょう。

  3. 原因03ストレス

    ストレスがたまると自律神経やホルモンバランスが乱れたり、活性酸素が増えて炎症が悪化する可能性があります。女性の場合、ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが過剰分泌され、皮脂量が増えます。皮脂量が増えることによって、とくにニキビは悪化します。また、ストレスはかゆみに対して敏感になりやすいため、ブツブツを無造作に引っ掻いてしまいやすいです。掻くとブツブツがつぶれ、赤みや痕が悪化しやすくなります。またストレスがたまると甘いものの間食も増えやすいです。定期的にリフレッシュして、ストレスをためすぎないようにしましょう。

  4. 原因04暴飲暴食

    暴飲暴食や栄養バランスの偏った食事、過度なアルコール摂取などは、体への負担だけでなく、背中の菌や皮脂を増すことにもつながります。とくに、脂質や糖分の多い間食や、主食に偏りすぎてビタミンBが不足している場合は要注意。もちろんタバコにも注意が必要です。タバコは活性酸素を増やし、炎症を悪化させる可能性があります。炎症の悪化だけでなく、繰り返す背中ブツブツの原因にもなりかねないので、栄養バランスをしっかりと意識した食事を心がけて、身も心もキレイをめざしましょう!

  5. 原因05睡眠不足

    睡眠時間が不足することによって、新陳代謝が落ち肌のターンオーバーが乱れてしまう原因に。肌のターンオーバーが乱れると肌がくすんで見えるだけでなく、古くなった角質が肌に残り、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。22時から深夜2時はお肌のゴールデンタイムとも呼ばれ、1日で最も新陳代謝が活発になる時間。
    1日6〜7時間、22時までに就寝することを目標に、質の高い睡眠を意識してみましょう。

  6. 原因06背中のゴシゴシ洗い

    お風呂で体を洗うとき、背中をゴシゴシこすっていませんか?しっかり洗おう!と強くこすりすぎると、皮膚を傷つけてしまい、その小さな傷から菌や汚れが毛穴に入り込んでしまうことがあります。
    肌がダメージを受けた状態が続くことにより菌や汚れが潜在しやすくなってしまうため、ブツブツが悪化することも...!肌を傷つけないように、しっかりと泡立てた石けんでやさしく洗いましょう♡

先生に聞きました!

坪内 利江子先生

銀座スキンクリニック院長

疲労や栄養のアンバランス、ストレス、睡眠障害などで皮膚の免疫システムは落ちてしまいがち。紫外線は炎症を悪化させ、色素沈着も残しやすい。皮脂が多い、汗っかきの方は特に要注意。背中をチェックする習慣を!

原因菌を殺菌!セナキュアの特徴原因菌を殺菌!セナキュアの特徴