歯間ケアQ&A 初めてガイド

「お店に行ってみたけれど、どれがいいのかわからない…」
「正しい使い方を教わったことがない…」など、
いざ歯間ケアを始めよう!と思っても、疑問や分からないことが多くありませんか?
そんな声にお答えします。

PICK UP ピックアップ

糸ようじなどのデンタルフロスと、歯間ブラシの違いを教えてください

※持ち手・ホルダー付きのフロスで、小林製薬の製品を「糸ようじ」と呼びます(商標登録)

ANSWER

隣の歯と接している部分や、歯と歯茎(ぐき)の間の溝(歯周ポケット)など狭い部分の歯間清掃に適しているのが、糸ようじなどのデンタルフロスです。
一方、隙間が広い歯と歯ぐきの間の三角スポットには、歯間ブラシが適しています。

どちらのアイテムも、無理に入れると歯ぐきを傷つけてしまう恐れがありますので、無理なご使用はお控えください。

歯間清掃用具の種類と選び方

使い方・選び方について使い方・選び方について

歯間ブラシのサイズの選び方について教えてください
狭い隙間に大きすぎる歯間ブラシを使うと、歯や歯ぐきを傷つけたり、歯間ブラシも折れやすくなります。また、広い隙間に小さすぎる歯間ブラシを使ってしまうと、歯垢を十分に落とすことができません。
歯間に無理なく挿入でき、きつく感じない程度を選ぶようにしましょう。
初めてお使いの方は1番細いサイズ(SSSSなど)からお試しください。
前歯と奥歯などで歯間の隙間の広さが異なる場合には、それぞれに合った太さの歯間ブラシを使い分けてください。
洗って繰り返し使ってもいいですか?
衛生上および機能上、製品1本につき1回のご使用をオススメします。
1日、3回使わないといけませんか?
1日3回は理想的ですが、1日に使う回数より、毎日続けていくことが大切です。食べカスは24時間で歯垢に変わり始めますので、1日1回はお使いになることをオススメします。特に、就寝中は、唾液が減少しお口の中の菌が増えてしまいますので、1日の最後のハミガキと一緒に使う習慣をつけるといいですね。
ハミガキ粉をつけて使ってもいいですか?
つけていただいても構いません。歯や歯ぐきを傷つけてしまう恐れがありますので、研磨剤が含まれているハミガキ粉をつけるのはお控えください。
糸ようじなどのデンタルフロスと歯間ブラシは併用するべきですか?
歯間清掃用具の種類と選び方糸ようじなどのデンタルフロスと歯間ブラシでは、使用に適した場所が異なりますので、ご自身の歯の状態に合わせて、お使いください。
歯にモノが詰まりやすくなってきたら、歯間が広がっているサインです。その場合、糸ようじなどのデンタルフロスだけでは、効率的に歯垢が取り除きにくいので、歯間ブラシを併用されることをオススメします。
歯ブラシの前に使うのと後に使うのはどちらが正解ですか?
歯ブラシだけでは取り除けない歯間の歯垢を取り切ることがもっとも大切ですので、どちらから行っても構いません。
また、これらを使用する際は、歯間を一か所清掃するごとに、その都度ついた汚れを洗い流したりふき取るようにすると、より衛生的に使用できます。

商品特徴について商品特徴について

糸ようじの入りやすいタイプはどのように違いますか?
使われている糸の本数や素材、糸の張られ方が違います。
入りやすいタイプは、細くてなめらかな素材の糸を4本、ゆるめに張ることで、初めての方や歯間が狭い方でも出し入れしやすくなっています。糸ようじの入りやすいタイプ
糸ようじのミント付きはどのように違いますか?
6本の特殊糸にミントフレーバーが付いています。清掃後に、さわやかなミント風味を感じられます。糸に付いている白い粉がミントフレーバーの粉末です。
ゴムタイプの歯間ブラシでも、金属ワイヤータイプと同じくらい歯垢が取れますか?
ゴムタイプの歯間ブラシでも、金属ワイヤータイプと同程度の歯垢が除去できるというデータがあります。 金属ワイヤータイプで力いっぱい清掃すると、歯や歯ぐきを傷つけたり、すり減らしてしまうことがありますので、初めての方や慣れていない方、歯ぐきが弱っている方には、ゴムタイプがオススメです。
口も歯も小さいのですが、大人でも糸ようじKidsを使っていいですか?
構いません。口の中に入れるヘッドが小さめなので、口の小さな方には、使いやすいサイズです。
子どもに糸ようじをやってあげる場合は、どうすればいいですか?
子どものお口のサイズにあった、小さめのものを使ってあげてください。
糸を入れるときは痛くないように、まっすぐにぎゅっと押し込むのではなく、のこぎりを引くように少しずつ歯の間に入れていき、歯ぐきとの境目の汚れをとってから、歯にそわせて引き出すのがコツです。
特に、奥歯の歯間の汚れは歯ブラシだけでは落としきれず、虫歯になりやすいので、奥歯が生えそろってきたら、なるべく早く使いはじめて習慣にすることをオススメします。
糸にワックスは使用していませんか?
糸にワックス加工はしていません。ワックスがなくても歯間に入りやすいように、糸の素材と本数を工夫した「入りやすいタイプ」もあります。

症状・お悩みについて症状・お悩みについて

歯ぐきへの刺激や痛みが怖くて使えません…
歯の狭い隙間に大きすぎる歯間ブラシを使ったり、勢いよく糸ようじを入れてしまうと、歯や歯ぐきを傷つけてしまうことがありますが、適切に使用すれば大丈夫です。
金属ワイヤータイプの歯間ブラシが、痛そう、傷つきそうと不安な方には、歯や歯ぐきにやさしいゴムタイプがオススメです。歯ぐきに刺さったり、歯を削ってしまう心配もありません。
糸ようじや歯間ブラシを使うと、歯間がひろがると聞いたのですが…
自分の歯間のサイズに合ったものを使っていれば、ひろがることはありません。
詰まっていた汚れがすっきりとれたり、歯ぐきの状態がよくなり引き締まることで、歯間がひろがって見えたり、ひろがったと感じてしまうこともあります。
歯周病や虫歯の治療中でも使えますか?
お使いいただけます。やわらか歯間ブラシは、歯周病対策にオススメ、歯ぐきへのマッサージ実感もあります。
ただし、歯周病の歯ぐき切開手術後などは、傷口が広がる可能性もありますので、不安な時は、かかりつけの歯科医に相談してください。
口臭対策にもなりますか?
歯垢は口臭の原因となりますので、取り除くことで口臭対策になります。
また、歯垢は口臭だけでなく虫歯、歯周病の原因でもありますのでしっかりと取り除き、清潔な口腔内を保っていきましょう。
最近、歯にモノがつまりやすくなりました。始めどきでしょうか?
肌と同じように、歯ぐきも年齢とともにハリが失われ、徐々に歯ぐきが下がってしまいます。
歯にモノが詰まりやすくなったということは、歯ぐきが下がり、歯垢もたまりやすくなっているというサインです。始めるのに早すぎるということはありませんので、ぜひ始めてみてください。
ちゃんとハミガキしてるけど…どうして歯間ケアが必要なの?

PRODUCTS 製品情報

  • 糸ようじ
    歯間に虫歯ができやすい…
    フロスが上手に使えない…
  • やわらか歯間ブラシ
    最近、歯間にモノが詰まりやすい…
    歯ぐきが下がってきた…