意外に知らない 基礎代謝の基礎知識

講座1.基礎代謝って何?

カロリー消費の約60%は基礎代謝

1日で消費するエネルギー量の中で約60%が基礎代謝量!

基礎代謝とは、人が安静状態で1日に消費するエネルギー量のこと。
つまり、人が生きていくために必要な最低限のエネルギー量で、40代の女性(標準体重53kg)なら1,150kcal程度です。
このほか家事や仕事をしたり、食事をしたりすることでもエネルギーを消費しますが、それらをすべて合わせた1日の消費エネルギーのうち、基礎代謝は約60%を占めています。

  • 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2010年版より

基礎代謝と年齢の関係は?

さて、この基礎代謝、実は年齢が上がると次第に低下していきます。
20歳ぐらいまでは何を食べても太らなかったのに最近は同じように食べてもすぐ太る、そんな経験はありませんか。
それは基礎代謝が落ちて基本的な消費エネルギー量が減り、余ったエネルギーが脂肪となって蓄えられるからです。
基礎代謝の低下は40代から50代にかけて急激に早まりますから注意が必要です。

基礎代謝は何で決まるの?

人の体は骨や筋肉、血管、内臓などでできていますが、このうち安静時に最もエネルギーを消費するのが筋肉です。
つまり、筋肉が多くなるほど基礎代謝は高くなります。

けれど、成長期を過ぎれば筋肉は年齢とともに減っていきます。
とくに運動をしない場合、その量は年に1%といわれています。
30年で30%、40年なら40%も筋肉が減って逆に脂肪が増え、基礎代謝が下がっていくというわけです。

基礎代謝の測り方

基礎代謝という言葉自体はよく耳にすると思いますが、では、実際にはどうやって測るのでしょうか。
最も厳密に測定できるのは「ヒューマンカロリーメーター」という装置です。
機械の中(といっても部屋のようなものですが)に人が入って24時間の消費エネルギーを計測します。ただし、この装置は日本に数台しかありません。
日常的に測定するなら市販の「体組成計」があり、体重計のような手軽さで筋肉や脂肪などの組成を測定して基礎代謝を割り出してくれます。

また、このサイト内にもあなたの現在の基礎代謝量を算出して5年後の様子を予測するコーナーがありますから、ぜひ試してみてください。

基礎代謝で分かるあなたの5年後 基礎代謝チェックはこちら

講座2 基礎代謝に関するみんなの声

  • アマゾン
  • ケンコーコム
  • 爽快ドラッグ
  • 楽天
  • LOHACO