ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2012年8月

求められる学校のトイレ環境改善!小学生の最新排便事情

小学生の約半数、学校でうんちを我慢
我慢する理由は、「恥ずかしいから」「和式トイレが苦手だから」

〜小林製薬調べ『2012年小学生のトイレ習慣実態調査』より〜

<調査の背景>

学校のトイレは築年数の古いものが多く、清掃だけでは解決できない「暗い」「くさい」などの悩みを抱える学校が数多くあります。また、未だに和式トイレが主流の学校も多く、家庭で洋式トイレしか使ったことのない子どもたちが、学校でうんちをすることに強い抵抗感を持つ状況があります。うんちを我慢することは、便秘の大きな原因ともなり、子どもたちの健やかな成長の妨げになります。このような状況を鑑み、弊社では小学生のトイレ習慣と排便の実態について調査を実施しました。

<調査結果の総括>

■学校でうんちをしたがらない小学生、約半数が「うんちを我慢したことがある」
弊社の「2012年小学生のトイレ習慣実態調査」によると、小学校でうんちを「まったくしない」と答えた小学生は全体の約3割に上りました。また、便意をもよおしているにも関わらず、トイレに行くことを我慢したことがあるかどうかを聞いたところ、約半数の小学生が「うんちを我慢してトイレに行かなかったことがある」と回答しました。

■うんちを我慢してしまう二大要因は「トイレ環境」と「周囲の目」
うんちを我慢してトイレに行かなかった理由をたずねたところ、「和式トイレが苦手だから」(35.3%)、「トイレがくさいから」(27.9%)との回答が多く寄せられました。家庭ではほとんどのトイレが洋式のみ(98.1%)なのに対し、通学する小学校のトイレでは9割以上が和式を設置しており、子どもたちが慣れない和式トイレにとまどって排便をためらっている様子が伺えました。また、「恥ずかしいから」(53.7%)、「いじめられそう」(6.8%)との回答もあり、他人の目を気にしながら排便している様子も伺えました。
子どもたちが落ち着いて排便できるトイレ環境の整備と、排便に対する正しい知識の啓発が今後求められます。

■保護者への子どもの排便に対する理解促進も重要
保護者に対し、子どもが学校でうんちをして欲しいかどうかたずねたところ、「して欲しい」と回答したのは6割程度にとどまりました。「体に良くないので、したい時は学校でもして欲しいが、自宅に比べて不衛生な環境や、友達にからかわれたりしないか心配」との声も挙がっています。さらに、「子どもに和式トイレの使い方を教えたことがある」保護者は4割にすぎず、小学校に入学した子どもたちが自宅とは違うトイレ環境にとまどう一因となっていることが伺えます。
現状を踏まえると、保護者は小学校入学前に和式トレーニングを行うことが必要なのかもしれません。

<調査設計>

  • 1)調査方法: インターネット調査
  • 2)調査対象者: 全国の小学生412名(保護者と一緒に回答)
  • 4)有効回収数:
    低学年男子 高学年男子 低学年女子 高学年女子 合計
    103 103 103 103 412
  • 4)実施期間: 2012年6月21日

<調査結果の概要>

学校でうんちをしていない小学生の実態が明らかに

子どもたちに普段の排便回数をたずねたところ、毎日(51.7%)、週5〜6回(29.1%)と、8割の子どもがほぼ毎日排便をしていると回答しました。一方で全体の29.1%の子どもが、日中の大半を過ごす小学校でうんちを「しない」と答えており、家庭で排便を済ませている様子が伺えました。

普段、どのくらいの頻度でうんちをしますか?小学校のトイレでうんちをしますか?

小学校でうんちを我慢する理由は「トイレ環境」と「周囲の目」!

小学校でうんちを我慢したことがあるかをたずねたところ、46.1%の子どもが「ある」と回答しました。理由としては、「和式トイレが苦手だから」(35.3%)、「トイレがくさいから」(27.9%)、「トイレが汚いから」(24.7%)、「便器が汚いから」(14.7%)の“トイレ環境”に関係したものと、「恥ずかしいから」(53.7%)、「いじめられそうだから」(6.8%)の“周囲の目”を気にしたものに集中していることが分かりました。

小学校でうんちを我慢したことがありますか?小学校でうんちを我慢したのはなぜですか?

■学校と家庭のトイレ環境のギャップにとまどう子どもたち

今回の実態調査で、家庭ではほとんどのトイレが洋式なのに対し、学校のトイレでは未だ和式が主流であることが分かりました。そこで保護者にお子さんのトイレトレーニング経験についてたずねたところ、洋式トイレのトレーニング経験が68.7%に対し、和式は40.3%にとどまりました。学校と家庭のトイレ様式の違いや、和式トイレ経験の少なさからか、和式トイレで困ったことがある子どもが全体の61.9%に上り、こうしたことが学校のトイレに抵抗をもつきっかけとなっているようです。

小学校のトイレ様式は?お子さんのトイレトレーニング経験の有無

和式トイレで困った経験の有無

■和式トイレで困った経験
(N=412/自由回答)

  • ・おしっこはできるが大便がうまくできない
  • ・またげない。持つところがなく、しゃがめない
  • ・ズボンをうまくおろせなくて用を足すのを我慢してあきらめたことがある
  • ・上手にできない・服を汚す
  • ・どうやって座るのかわからなかった

汚いなと思うトイレ、きれいだなと思うトイレ

保護者への理解促進の必要性

子どもたちの健康のため、学校でもうんちをして欲しいと思う一方、そのことが原因でからかわれたりしないかどうかを不安に思う保護者は多いようです。子どもたちだけでなく、保護者も一緒に排便に対する正しい知識を理解していくことが求められます。

お子さんに学校でもうんちをして欲しいと思いますか?

■お子さんが学校で排便することに対する意識 (N=412/保護者への質問/自由回答)

  • ・我慢はしない方がいいと思うけれど、学校のトイレはなんとなく不衛生な気がする
  • ・我慢が原因で便秘になったりすると困るから学校でも排便して欲しい
  • ・したいときにして欲しいとは思うが、学校でうんちをしているのを友達に知られると、からかわれたりしそう。