ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2016年3月

- News Letter -
アンメルツブランド 50周年の歩み
〜「効果感」と「使い勝手」にこだわり続けた50年〜

アンメルツブランド 50周年の歩み

「アンメルツ」の誕生秘話〜"デートでも嫌われない"肩こり薬〜

"ジンジン"する効果感でお馴染みのアンメルツブランドは、今年で発売50周年を迎えます。

初代「アンメルツ」初代「アンメルツ」

1960年代当初、肩こり対処薬といえば貼り薬が主流の時代。ある男性社員が肩に貼り薬を貼ったままデートに行き、相手の女性から「年寄り臭い」「かっこ悪い」と振られてしまったという経験が「アンメルツ」誕生のきっかけとなりました。
「見えない肩こり薬」というコンセプトのもと開発がスタート。液体を軸に開発を進めるも、当時の液体外用薬は小さい筆を使う形状が主で、片手で塗ろうとすると容器が倒れてしまうなど「使い勝手の壁」にぶつかりました。いつでも手軽に塗れるよう、スポンジを切って瓶の口にはめるなど試作品を作り続け、現在では主流となった「ラバーキャップ」を初めて開発。こうして新型肩こり薬「アンメルツ」が誕生しました。

発売当初の「アンメルツ」の新聞広告発売当初の「アンメルツ」の新聞広告

1966年に発売すると、いつでも簡単に塗れる手軽さと効果感から絶大な支持を獲得。新聞・テレビ広告と共に、全社一丸となった大がかりなキャンペーンを実施しました。社員自らアイデアを盛り込んで製作したPOPを薬局に配り歩いたり、電話の受け応えを「はい、アンメルツの小林製薬です」とするなど、職種に関係なく全社をあげて取り組みました。この成果もあって、「アンメルツ」は瞬く間に主力製品に成長し、のちの弊社を代表するロングセラー製品のひとつとなりました。

全社一丸となった「アンメルツ」の販売促進全社一丸となった「アンメルツ」の販売促進

この「アンメルツ」で得た成功体験は、『ブルーレット』や『サワデー』など、後続のヒット製品を生み出す基盤となったとともに、全社に自信をもたらし、今日の挑戦的な企業風土を醸成する極めて重要な機会となりました。

ロングセラーブランドへの礎となる
「ヨコヨコ」誕生の裏側 〜洗濯バサミとの葛藤〜

「アンメルツ」のヒットに追随する競合製品との差別化、さらなる使い勝手の追求から生まれたのが、1974年発売の「アンメルツヨコヨコ」です。肩や背中への塗りやすさを検討する中で、「孫の手」のアイデアに着目。大きな洗濯バサミを作って「アンメルツ」を挟んで塗るアイデアから始まり、試行錯誤の末、容器自体を曲げて塗布部を横向きにするといった思い切った発想にたどり着き、「アンメルツヨコヨコ」が誕生しました。

発売当時の「アンメルツヨコヨコ」のTVCM発売当時の「アンメルツヨコヨコ」のTVCM

首の曲がった独特のフォルムは、塗りやすさを向上させただけでなく、液剤の充填技術が当時としては非常に複雑で、他社が容易に真似ができなかったため「アンメルツヨコヨコ」は瞬く間に大ヒット商品となりました。
その後、1986年には発売20周年の新アイテムとして、肩こり薬独特の臭いを無くした"無臭性"の「ニューアンメルツヨコヨコ」を発売し、男性だけでなく臭いに敏感な女性からも人気を博しました。1991年に処方改良し、今ではアンメルツブランドの約7割を占めるメインアイテムとして、多くのお客さまから支持されています。

グローバルに展開するアンメルツブランド

アンメルツは海外でも歴史の長いブランドです。海外展開の歴史は、日本での発売から間もない約50年前の香港・台湾にまで遡ります。言語や文化、生活習慣の違いはもちろんのこと、当時、現地の薬局は個人経営が大半を占めていたため、薬局1軒1軒を回る地道な営業活動やマーケティングの繰り返しでした。

○香港(‘69年〜)・シンガポール(‘70年〜)

香港やシンガポールでは、現地の学校を訪問して、「アンメルツ」のミニサンプルを配り歩いて製品を紹介していくことからはじめ、現地の販売代理店には各地区の薬局に製品を拡売してもらいました。現地での長い歴史と共に、近年、香港では中国からのインバウンド需要の影響もあって売上は伸長し、アンメルツブランドにとって重要な市場となっています。

○マレーシア(‘71年〜)

マレーシアでは、販売代理店のセールスガール5-6名と数名のセールスマンが1台のセールスバンに同乗し、村から村へと移動して販売する「バンセールス」を行っていました。代理店セールスマンが薬局を訪問して「アンメルツ」を卸している間に、セールスガールが、1軒1軒民家を訪ねて訪問販売を行うことでマレーシアの隅々まで普及させることができました。こうした努力の成果もあって、現地では"YOKOYOKO"の愛称で親しまれています。

「バンセールス」のセールスガールズとセールスマン「バンセールス」のセールスガールズとセールスマン

東南アジアを中心に、地道に売上を伸ばしてきた「アンメルツ」ですが、大きな転機となったのは、日本と同じく「アンメルツヨコヨコ」の発売です。独自のフォルムが各国で支持され普及を加速させました。さらに1990年代後半以降、各国に現地法人を設けると、現地に根付いたマーケティングに取り組めるようになり、アジアでも数少ない日本のOTC医薬品の成功品へと成長しつつあります。現在では香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、オーストラリアの7つの国と地域に展開しており、2018年3月期までに展開数の倍増を目指しています。

海外で展開しているアンメルツブランド

海外で展開しているアンメルツブランド

  • 店頭の様子店頭の様子
  • セールスバンの前でセールスバンの前
  • 店頭に配布した手作りポスター店頭に配布した手作りポスター

次世代『アンメルツ』の誕生と今後の展開

■ 新商品「アンメルツNEO」

厚生労働省の「国民生活基礎調査(平成26年)」によると、「肩こり」は女性が感じる自覚症状の第1位、男性で第2位と、もはや国民病とも言えるほど多くの方が悩まされている症状です。
アンメルツブランドでは誕生50周年の集大成として、日本で初めて鎮痛消炎成分のジクロフェナク製剤に血行促進成分を配合した新製品「アンメルツNEO」を今春発売します。

新製品「アンメルツNEO」シリーズ新製品「アンメルツNEO」シリーズ

アンメルツブランドが長年継承してきた血行促進成分による"ジンジン"する効果感と効き目を追求し続け、開発スタート時から数えると約7年の歳月を経て、満を持しての発売となります。
さらに今回、新たに"ロングボトルタイプ"を投入。初代「アンメルツ」の垂直ボディから、首が曲がった「アンメルツヨコヨコ」への進化を経て、まさに"最強"ともいえるボトル形状です。肩こり薬市場で、「"あったらいいな"はもうないのでは?」というなか、「肩こりで背中や肩甲骨までつらい」という実態に着目し、生活者も気づいていない"背中の真ん中まで塗りたい"という未充足ニーズを見つけ出しました。既存製品よりも約3cm長くした点に加え、ボトル形状を握りやすくするなど細部にまでこだわりました。「効果感」と「使い勝手」にこだわり続けたアンメルツブランド50年目の"あったらいいな"の新提案です。

アンメルツブランド ボトルの変遷

アンメルツブランド ボトルの変遷

■ 新プロモーション

50周年を機に、若い世代にもっと親しみを持ってもらおうと、「LINEスタンプ」のプレゼントキャンペーンを2016年4月より実施します。CMでお馴染みの松重豊さんが"キタキタキタ〜!!"など、アンメルツブランドならでは効果感をコミカルなフレーズや動きで描いたスタンプを作成。アンメルツブランドになじみの薄い若い世代への普及に取り組み、使用者層の拡大を図ります。

新プロモーション

次の50年に向けて、今後もアンメルツブランドでは"あったらいいな"を追求し続け、お客さまの快適な暮らしに貢献する製品をお届けしてまいります。

以上