ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2016年5月

定款一部変更に関するお知らせ

当社は、平成28年5月20日開催の取締役会において、平成28年6月29日開催予定の第98期定時株主総会に「定款一部変更の件」を付議することを決定いたしましたので、お知らせいたします。また、平成28年5月9日に発表しました株式分割にともない、定款変更を行いますので、お知らせいたします。

1.定款変更の理由

  • (1)当社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとしておりますが、今後さらなる海外事業の成長を続けていくうえで、海外連結子会社と決算期を統一することにより、事業運営のグローバル化とそれにともなう経営の効率化を図ることを目的として、当社の事業年度を毎年1月1日から12月31日までに変更することとし、現行定款第13条(基準日)、第14条(招集)、第41条(事業年度)、第43条(剰余金の配当の基準日)につきまして、所要の変更を行うものであります。
    またこの変更にともない、第99期事業年度は平成28年4月1日から平成28年12月31日までの9ヶ月間となるため、経過措置として附則を設けるものであります。
  • (2)平成28年5月9日に発表しました株式分割にともない、会社法第184条第2項の規定に基づき、平成28年7月1日をもって現行定款第6条(発行可能株式総数)につきまして、所要の変更を行うものであります。

2.定款変更の内容

変更内容は次のとおりです。

(下線は変更部分を示しております。)

現行定款
変更後定款
第1条〜第5条(条文省略)
第1条〜第5条(現行どおり)
(発行可能株式総数)
第6条 当会社の発行可能株式総数は、17,010万株とする。
(発行可能株式総数)
第6条 当会社の発行可能株式総数は、34,020万株とする。
第7条〜第12条(条文省略)
第7条〜第12条(現行どおり)
(基準日)
第13条 当会社の定時株主総会の議決権の基準日は、毎年3月31日とする。
(基準日)
第13条 当会社の定時株主総会の議決権の基準日は、毎年12月31日とする。
(招集)
第14条 定時株主総会は、毎年6月に招集し、臨時株主総会は必要ある場合に随時招集する。
(招集)
第14条 定時株主総会は、毎年3月に招集し、臨時株主総会は必要ある場合に随時招集する。
第15条〜第40条(条文省略)
第15条〜第40条(現行どおり)
(事業年度)
第41条 当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年とする。
(事業年度)
第41条 当会社の事業年度は、毎年1月1日から同年12月31日までの1年とする。
第42条(条文省略)
第42条(現行どおり)
(剰余金の配当の基準日)
第43条 当会社の期末配当の基準日は、毎年3月31日とする。
A当会社の中間配当の基準日は、毎年9月30日とする。
B(条文省略)
(剰余金の配当の基準日)
第43条 当会社の期末配当の基準日は、毎年12月31日とする。
A当会社の中間配当の基準日は、毎年6月30日とする。
B(現行どおり)
第44条(条文省略)
第44条(現行どおり)
(新設)
附則
(新設)
(第99期事業年度の期間)
第1条 第41条の規定にかかわらず、第99期事業年度は、2016年4月1日から2016年12月31日までの9ヶ月間とする。
(新設)
(第99期事業年度の中間配当の基準日)
第2条 第43条の規定にかかわらず、第99期事業年度の中間配当の基準日は2016年9月30日とする。
(新設)
(附則の有効期限)
第3条 本附則第1条乃至本条は、2016年12月31日まで有効とし、同日の経過をもって削除する。

3.日程

第13条・第14条・第41条・第43条・附則について

定款変更のための定時株主総会開催日:
平成28年6月29日(水)
定款変更の効力発生予定日:
平成28年6月29日(水)

第6条について

定款変更の効力発生予定日:
平成28年7月1日(金)

以上