ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2016年10月3日

- News Letter -
学校で「うんちをしない」子どもは3割
〜男子はつらいよ!人目を気にする男の子!?〜

小学生に聞きました!
小林製薬「小学生のトイレ実態調査2016」 結果発表!

●依然として、「和式トイレ」が多い小学校のトイレ
●約3割の子どもたちが学校で「うんちをしない」。特に男子でその傾向が強い
「周囲の目」「トイレ環境」を気にして「第3のトイレスポット」を利用する児童も

小林製薬の社会貢献活動
「小学校に洋式トイレプレゼント!」2016年度実施レポート(6回目を迎えました!!)

■贈呈式・特別授業の様子

全員参加の贈呈式 特別授業の様子

■きれいになったトイレ

古い和式トイレから・・・ 洋式トイレに!

「小学生のトイレ実態調査2016」結果発表!

当社では「小学生のトイレ実態」に関するWEBアンケートを実施し、今年度の調査結果をまとめました。(2010年より5回目)

依然として、和式トイレが多い小学校のトイレ

本調査によると、洋式トイレの多い小学校は年々増えているものの、依然として和式トイレが多い小学校が半数以上を占めているということが明らかとなりました【図1】。

図1 小学校のトイレ形態

学校でうんちをしたがらない子どもたち

このような中、約6割の子どもたちが学校でうんちをすることに対して抵抗を感じており、実際にうんちを我慢した経験がある子どもたちは約半数にも上ります。特に和式トイレの多い小学校の子どもたちで、その傾向が強いようです【図2】。

図2 小学校でのうんちへの抵抗感

それには大きく2つの原因が有ります。1つ目は、「恥ずかしい」「落ち着かない」「からかわれそう」といった「周囲の目」2つ目は、「トイレが汚い」「和式トイレが苦手」「トイレがくさい」といった「トイレ環境」です。特に、和式トイレの多い学校では和式トイレ特有の「トイレ環境」が、学校のトイレでうんちをすることに対する大きな抵抗感を生み出しているようです【図3】。

図3 学校トイレでうんちをしたくない理由 (上位7項目/複数回答)

また、男女でも大きな違いが見られ、うんちをすることによって「からかわれそう」と感じるのは、女の子よりも男の子の方が多いということが分かりました。男子トイレ特有の小便器と個室が共存する構造により、「個室に出入りすることによって、うんちをしているのが周囲に知られ、からかわれてしまう」と感じている男の子の気持ちがうかがえます【図4】。

図4 小学校でうんちをすると 「からかわれそう」と感じる割合

学校で「うんちをしない」3割の子どもたち

このようなことから、学校で「うんちをしない」と回答した子は 約3割にも上りました。中でも、男の子の約4割が「うんちをしない」と回答しており、「からかわれそう」という気持ちが、うんちの我慢につながっているものと考えられます【図5】 。

図5 小学校でうんちを「しない」と答えた割合

一方で、「学校でうんちをする」と答えた子どもたちに、どこでうんちをしているかと聞いてみると、「遠くにある 人気(ひとけ)の少ないトイレ」を使うという小学生が約1割おり、具体的には「他学年の教室のそばのトイレ」が最も多く使われているということがわかりました。

このように、「周囲の目」や「トイレ環境」によって、小学校ではうんちをしない子どもや、自分の教室から遠い 人気(ひとけ)の少ないトイレを使う子どもが存在しているという問題が明らかとなりました。

こういったことから、「洋式トイレの増加」を望む小学生は、約6割にも上ります。子どもたちの健やかな成長を考えると、正しい排便意識の啓発とともに、早急なトイレ環境の改善が求められます。

第3のトイレスポットの出現

また今回の調査では、「学校でうんちをしない」と回答した子どもたちに、学校が終わってから、どこでうんちをするかについても聞いてみました。ほとんどの小学生(97%)が「家のトイレ」を使用すると回答したものの、その他にも「コンビニ」「スーパー」といった、学校や自宅以外のトイレを使用している子どももおり、「第3のトイレスポット」が存在することが分かりました。ここからも、キレイな洋式トイレで、安心してうんちをしたいという子どもたちの気持ちが伺えます。

《調査概要》

■調査対象:全国の小学生がいる母親(25-49歳)と一緒に
答えてもらう子ども(1年生〜6年生 男女) 計618組
■調査方法:インターネット調査
■実施時期:2016年7月

小林製薬の社会貢献活動
「小学校に洋式トイレプレゼント!」(6回目を迎えました!!)

当社では、小学校のトイレ環境の改善と正しい排便意識の啓発を図る社会貢献活動の一環として、2010年より「小学校に洋式トイレプレゼント!」(旧「トイレぴかぴか計画」)を実施しています。

今年度で6回目を迎える本活動では、和式トイレの洋式化をはじめとする「トイレ環境の改善」に加え、学校でうんちをしたくなったら我慢しないでうんちをするといった、排便の大切さを伝える「特別授業」を行っています。

本年度は20校の小学校に洋式トイレを寄贈し、累計で80校となりました。寄贈校からは、子どもたちが「トイレへの不安が減って安心して学校生活を送れるようになった」、「きれいに使うようになった」など、喜びの声をいただいています。

また、当社では社員参加型の社会貢献活動の推進を掲げており、本活動では社員自らが足型シールを貼り付ける簡易施工や「特別授業」を実施しています。社員にとっても、経営理念である“快”の追求を改めて見つめ直す、良い機会となっています。

今後も当社では、創立から100期にあたる2017年度までに、全国100校の小学校に洋式トイレを寄贈することを目指し、社員一丸となってトイレ環境と子どもたちの排便習慣の改善に向けて取り組んでいきます。

主な活動内容

「洋式トイレプレゼント!」実施校

2016年(本年度)寄贈校からの声

校長 佐藤 紹栄氏

岩手県一関市立新沼小学校 校長 佐藤 紹栄氏

この度は、「洋式トイレ」を寄贈いただきありがとうございます。
怪我をしたときや体調がよくない時でもトイレは使います。だからこそ、小学校のトイレは、安心して使える、さらには居心地の良い空間であってほしいとの思いがありました。
小学校入学前に実施する小学校見学では、「トイレが気がかり」という声が多くあがり、皆さまトイレを見学していきます。その背景には、小学校のトイレは和式中心である一方で、ご家庭では洋式トイレが普及し、さらに保育園・幼稚園とは同じ和式トイレでも便器の大きさが変わるといった、トイレ環境変化への不安を抱えておられると感じていました。
また、児童からも使いやすい、便器を汚す心配がないといった観点から「洋式トイレを使いたい」という声が寄せられていましたので、「洋式トイレ」の増設は学校の課題でありました。
今回洋式トイレを男女1基ずつ寄贈いただき、居心地の良い空間へさらに近づくことができました。トイレは、毎日の健康観察をする場でも重要であると考えています。今回寄贈いただいた洋式トイレは、今後新1年生を中心に、トイレの使い方や健康指導の場としても大切に使っていきたいと考えています。

子どもたちに笑顔を届ける「2016年度の贈呈式」

子どもたちに笑顔を届ける「2016年度の贈呈式」

以上