ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2016年10月19日

新製品
サラシア100®

小林製薬・近畿大学の共同開発
糖の吸収をおだやかにする特定保健用食品
特許成分「ネオコタラノール」でトクホ許可を取得

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)は、近畿大学(本部:大阪府東大阪市)副学長で薬学部教授の村岡修と共同研究で開発した特定保健用食品「サラシア100」を10月19日(水)から、全国の薬局・薬店、スーパーなどで新発売いたします。

*特許成分「ネオコタラノール」が、特定保健用食品(トクホ)の関与成分として初めて認められました【特許第4486792号】

特定保健用食品「サラシア100」 メーカー希望小売価格2,800円(税込3,024円)60粒

特定保健用食品「サラシア100」
メーカー希望小売価格2,800円(税込3,024円)60粒

本件のポイント

・小林製薬と近畿大学の12年にわたる共同研究で開発。
・特許成分「ネオコタラノール」でトクホ許可を初取得。
・食後の血糖値を上昇させる「糖の吸収」をおだやかにする効果が認められた。

製品の説明

「サラシア100」
食後の血糖値が高めの方に

「サラシア100」は、食後の血糖値が高めの方にオススメの特定保健用食品です。
日本初の新成分「ネオコタラノール」でトクホ許可を取得しています。
(【特許第4486792号】特許成分「ネオコタラノール」が特定保健用食品の関与成分として初めて認められました)

■「サラシア」と「ネオコタラノール」の関係

「サラシア」は熱帯地方に生息する樹木で、昔から健康管理の面で重宝されてきた植物です。
「サラシア」に含まれる有用成分「ネオコタラノール」に“糖の吸収を穏やかにする働き”があることが分かり、近畿大学と12年にわたり その有用性を共同研究してまいりました。

サラシア
サラシア

■「ネオコタラノール」が糖の分解&吸収を抑制

食べ物に含まれる糖質の分子は、例えるならば数珠つながりの状態です。
糖質が体内に吸収されるには、数珠つながりの状態から腸内の消化酵素により1つずつに分解される必要があります。「ネオコタラノール」は消化酵素の働きをブロックし、1つずつに分解することを抑制するため、糖質を体内に吸収されにくくします。

「ネオコタラノール」が糖の分解&吸収を抑制

「ネオコタラノール」が糖の分解&吸収を抑制

製品概要

製品名 サラシア100
許 可 表 示 本品は天然のサラシアを原料とし、食後の血糖値を上昇させる糖の吸収をおだやかにする働きのあるネオコタラノールを含んでいるので、食後の血糖値が高めの方、食事に含まれる糖質が気になる方に適した食品です。
価格・内容量 2,800円(税込3,024円)/60粒(約20日分)
原 材 料 名 サラシアキネンシスエキス/結晶セルロース、糊料(CMC-Ca)、 微粒酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウム
一日摂取目安量 お食事とともに1粒を、1日あたり3粒を目安にお召し上がりください。
摂取上の注意 ・本品は治療薬ではありません。
・血糖値に異常を指摘された方、現在糖尿病の治療を受けておられる方、妊娠及び授乳中の方は、事前に医師にご相談の上、お召し上がりください。
・多量に摂取する事により、疾病が治癒したり、より健康が増進する ものではありません。
・摂りすぎや体質・体調により、お腹がはったり、ゆるくなる場合が あります。

以上