ニュースリリース

<< 一覧に戻る

印刷
2021年4月2日

新製品
長時間のマスク着用などによる
かゆみ・かぶれ・ブツブツを改善する治療薬

キュアレア マスキュア

〜2021年4月14日(水)に新発売〜

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は『キュアレア』ブランドから長時間のマスク着用などによるかゆみ・かぶれ・ブツブツを改善する治療薬「マスキュア」(第2類医薬品)を4月14日(水)より全国で新発売いたします。

製品特徴

  • 4つの作用でマスクによる肌トラブルを改善1

    1.4つの作用でマスクによる肌トラブルを改善※1マスクの長時間着用に伴い、マスクの擦れや、汗・呼気が皮膚に接触することによる肌への刺激、マスクの蒸れで発生した菌による分解物の刺激などが原因の肌トラブルが起こりやすくなっています。
    本製品はマスク着用で生じるかゆみ・かぶれ・ブツブツといった症状に対し、「抗炎症」「かゆみ止め」「殺菌」「血行促進」の4つの作用を持つ有効成分を配合しており、原因菌を殺菌し、肌の炎症を鎮めることで、マスクによる肌トラブルを治療いたします。

    ※1 ウフェナマート、ジフェンヒドラミン、グリチルレチン酸、トコフェロール酢酸エステル、イソプロピルメチルフェノール

  • 2.安心して顔に使用できる肌なじみの良いクリームタイプの塗り薬伸びが良く、肌なじみの良いクリームタイプで、かゆみ・かぶれ・ブツブツが気になる箇所に手軽にケアができます。また、非ステロイドのため、安心してお顔にも使用できます。

開発の背景

withマスク時代における肌トラブル用市販薬の需要に応えた製品

弊社調査によると、マスクが原因で肌不調があった方は3割※2を超え、かゆみ、かぶれ、ブツブツといったお悩みを抱える方が多い※3ことが分かりました。
さらに、肌トラブルが発生した場合でも「通気性の良いマスクを着用する」「普段よりしっかり保湿する」「メイク(化粧)をしない」といった、医薬品以外の対処法がメインとなっている生活者の方が多い※2ことから、この度、長時間のマスク着用などによるかゆみ・かぶれ・ブツブツを改善する市販の非ステロイド治療薬「マスキュア」を発売いたします。
長時間のマスク着用が日常化されたwithマスク時代におきまして、季節問わず1年中肌トラブルを抱える生活者の皆様のニーズに応えてまいります。

※2 出典:弊社調査(2020年9月N=10,000 20〜69歳男女)
※3 出典:弊社調査(2020年9月N=2,050 20〜69歳男女)

製品概要

製品名 「キュアレア マスキュア」(販売名:マスキュア)
カテゴリー 第2類医薬品
メーカー希望小売価格 800円(税抜)8g
発売日 2021年4月14日(水)
発売場所 全国の薬局・薬店・ドラッグストアなど
効果効能 湿疹、皮ふ炎、ただれ、あせも、かぶれ、かゆみ、おむつかぶれ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください
成分・分量 [100g中]
ウフェナマート…5.0g
ジフェンヒドラミン…1.0g
グリチルレチン酸…0.3g
トコフェロール酢酸エステル…0.5g
イソプロピルメチルフェノール…0.1g
※添加物として、セタノール、ラノリンアルコール、流動パラフィン、リノール酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステアリン酸ポリオキシル、ステアリン酸グリセリン、1,3-ブチレングリコール、グリセリン、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、エデト酸Na、ニコチン酸アミド、ステアリン酸K、パラベン、pH調節剤を含有する

以上