リクナビ2019 インターンシップはこちら

小林製薬について

待遇・福利厚生

企業として働く人を大切にする

日々の暮らしをサポートする「住宅手当」

入社時、そして若手社員の間は、経済力や生活力にどうしても個人差が生まれます。また、勤務地の関係から通勤に時間がかかることもあります。そこで、小林製薬では、「住」という生活の基本をサポートするために、独自の制度を設けています。入社して5年間は家賃1万円の自己負担で、借り上げの物件に住むことができます。また6年目以降であっても賃貸であれば家賃の50〜60%を、持ち家であれば一定額の住宅手当を支給します。 ※上限あり

しっかり休みたい時に「リフレッシュ休暇制度」

リフレッシュ休暇制度とは、一定の勤続年数を満たした社員を対象に旅行補助金と休暇が付与される制度です。心身のリフレッシュを図ることで、仕事の質も高まると考えます。

世代の関係ない、社員同士のコミュニケーション「クラブ活動制度」

小林製薬では、野球部、サッカー、テニス、ラグビーなど、とにかくたくさんのクラブが活動中です。その理由は、5人以上の社員が集まり、半年間活動を続ければ、クラブとして認定され、部費の援助を受けられるという独自の「クラブ活動制度」があるからです。趣味を通じての、新しい仲間づくりを応援しています。

奨励金が支給される「従業員持株会」

小林製薬の株式を購入することが出来る制度です。加入者には奨励金が支給されます。
昭和52年9月に設立された、小林製薬の社員が資金を出し合って、小林製薬の株式を購入するための組織のことです。持株会では、社員が少額で株を購入できるという大きなメリットがあります。

リクナビ2019 インターンシップはこちら