製品開発秘話

製品が出来るまで

小林製薬の製品がアイデアから製品化 or 販売されるまでのワークフローを紹介します。

1.アイデア開発

開発担当者によるアイデア開発 社員提案制度
自前主義にこだわらない、技術ありきではない、お客さまのニーズから製品開発がスタートすることが当社の最大の特長です。製品開発に携わる社員が、それぞれの立場から新製品のアイデアを出し合います。さらに、社員提案制度でも年間15,000件ものアイデアが提案されます。

アイデア開発

2.アイデアの検討、テーマ化

アイデア会議 アイデアプレゼン
各カテゴリーでまとめられた新製品のアイデアは、製品開発担当役員の出席する毎月のアイデア会議で市場性があるかどうか徹底的に検証・審議されます。生活者が真に困っている未充足のニーズを解決するアイデアにのみ開発を集中させることによって、開発期間の短縮とコストの効率化を図っています。

3.製品開発

店頭に並ぶまで平均13ヶ月の スピード開発(医薬品除く)
他社に先駆けて新製品を発売するため、開発に関わる各プロセスを同時進行で行う開発方式を採用しています。アイデアがテーマ化された段階から、開発担当者、研究開発者、技術開発者がチームとなり、それぞれの専門性を発揮しながら開発を進めることで、緻密で効果的な開発を実現しています。開発担当役員も出席する開発会議で、毎月進捗管理します。

製品開発

4.市場テスト

テスト販売
新製品のヒット率を高めるためのマーケティングとして、「地区テスト販売」を実施しています。当社製品は、パッケージを見ただけで、製品名を聞いただけで何に使う製品か、使うとどんなメリットをもたらすのかがすぐにわかることを追求しています。そこで、パッケージに製品コンセプトがわかりやすく落とし込まれているか、店頭で自社の既存製品や競合製品と並べて売れ行きはどうかを確認する「地区テスト販売」を行い、一定の基準をクリアした製品のみ全国発売しています。

市場テスト

5.発売

新製品商談会(春秋)

製品がお客さまに届くまで

このページのトップへ