トップページ 先輩社員&仕事 研究・開発職(技術開発) 藤田さん

研究・開発職(技術開発)

藤田さん

2015年入社

生命環境科学研究科
応用生命科学専攻修了

製品が店頭に並ぶまでのすべてを担う技術開発。
大変ですが、それだけにやりがいもひとしおです。

[ BEFORE→AFTER ]

仕事の辛さや楽しさの話を聞いて
技術開発の仕事に強烈に惹かれました。

就職活動を始めたばかりの頃は自分が何をしたいか、何に向いているのかがまったくわかっていませんでした。ただ、そのときに変に落ち込まず「それならこの機会に自分に合う企業を徹底的に探してみよう」と思い、前向きに企業選びに取り組んでいました。食品メーカーや専門商社、宇宙関係などさまざまな業界の企業の説明会に参加し、多くの企業の事業や特色を知れた就職活動の期間は、大変ながらも非常に楽しいものでした。
最終的に小林製薬を志望した一番の要因は、研究所見学でお会いした技術開発の先輩社員の話が非常に魅力的だったからです。新しいものをつくり出す厳しさや難しさを包み隠さず話してくれた上で「それでも、ものづくりの0から10まで携われる技術開発の仕事がおもしろくて仕方がない」と楽しそうに話していたのが非常に心に残りました。入社後もその先輩の話が忘れられず、配属希望では迷いなく技術開発を志望しました。

[ MY WORK ]

思った通り大変な仕事ですが、
それ以上におもしろさと醍醐味に満ちています。

技術開発は、マーケティングや研究開発とのアイデア検討に始まり、開発全体のスケジュール管理、製品の仕様検討、包装の設計、工場での生産立上げ、品質管理方法の検討など、アイデアを形にするまでのすべての工程を担います。私は入社して1~2年目は先輩社員と共に「熱さまシート」を担当し、現在は「ぬれマスク」の新製品開発や既存アイテムのリニューアル、合理化を行っています。
ものづくりのすべてを担う技術開発の仕事は大変で日々が苦労の連続です。「熱さまシート」の開発の際もゲルの処方を変えたり、パッケージデザインを目立つものに変えたり、従来品と異なる仕様にするプロセスには、コストや量産適正の面であらゆる問題が発生しました。それだけに、厳しい制限下で他部門と連携しながら問題解決を図り、初めて製品を形にした瞬間の感動は今でも忘れられません。思わず店頭に並んでいる製品を写真に撮ってしまったほどうれしかったですね。

[ PAST→FUTURE ]

いつの日か自分自身の手で
世の中にない技術を創出するために。

私の将来の目標は、自分発のアイデアで、これまで世界になかった技術を生み出すことです。その実現のために目の前の業務に一生懸命取り組むのはもちろん、社内で新しい技術を生かした製品の噂を聞いたときには、積極的に関係者に話を聞きに行くようにしています。他業界の新技術の中にも製薬業界に生かせる着想があるかもしれないので、食品や農業関係をはじめ幅広い業界の展示会に足を運ぶことも多いです。さまざまな画期的な技術を目にすることで、仕事のモチベーションアップにもつながっています。常に情報感度を研ぎ澄ましながら、日々の経験をまたとない成長の機会と捉え、いつの日か必ず目標を叶えたいと思います。

ごんたなエピソード

自分自身で絶対にやり切らなければならないことは、どんな困難に阻まれても責任を持って最後までやり切るという強い意志を持って仕事に取り組んでいます。開発スケジュールなどの都合で場合によっては作業が長時間に及ぶこともありますが、そういうときでも求められている成果を出すために、自分が納得するまで絶対に妥協しません。ただ、過去に仕事にのめり込むあまり、業務上必要な申請や報告をすっかり忘れて上司に注意されたことがあったので、それ以後はあまり我を忘れ過ぎないよう気を付けています(笑)。