トップページ 先輩社員&仕事 研究・開発職(技術開発) 石山さん

研究・開発職(技術開発)

石山さん

2014年入社

工学部 化学システム工学専攻修了

「“あったらいいな”をカタチにする」
ための環境をカタチにする。
それが、私の仕事です。

[ BEFORE→AFTER ]

仕事のことを楽しそうに話す先輩を見て
「こうなりたい」と素直に思いました。

就職活動では、日用品や製薬、化学系、素材系のメーカを中心に、幅広い業界の企業の説明会や選考に参加しました。その中から最終的に小林製薬に入社を決めたのは、先輩社員との座談会を通じて“ものづくりのリアリティ”が感じられたからです。小林製薬ではマーケティング・技術開発・研究開発が同時進行で製品開発を進めます。そうした日々の業務の流れや、担当した製品がリリースされる醍醐味について、先輩社員は目を輝かせながら話してくれたんです。一つひとつの言葉を楽しそうに紡いでいく姿を見て、「将来、自分もこうなりたい」と思うと同時に、製品生産の上流から下流にまで幅広く携わる技術開発というポジションに強く惹かれました。
入社後、先輩から実際に業務について一から学ぶにつれて「なんて奥が深い仕事なんだろう」と痛感。「商品の形、容器の材質、箱の形など、すべての要素には必ず意味がある。どんな些細なことにも妥協なく取り組むことが大切だ」。先輩のこの言葉は今も心に深く刻まれており、私の行動指針となっています。

[ MY WORK ]

日々、生産に開発に奔走。
ものづくりの醍醐味を実感します。

私はパーソナルケア技術開発グループで「ぬれマスク」や「鼻呼吸テープ」の開発に携わりながら、生産を行うための条件設定、商品の箱や輸送用段ボールの設計など幅広い業務を担当しています。技術開発のおもしろさは、トライ&エラーを繰り返しながら、アイデアを形にしていくプロセスのすべてにかかわれることです。不具合なく事が運べば、なおさら感じられる醍醐味は大きくなります。
もちろん、商品を形にしていく過程には大変なことも多く、特に小林製薬ならではのスピード開発に対応するためのスケジュール管理は一筋縄ではいかないことばかりです。生産に要する期間をしっかり把握した上で、リリース予定日から逆算して生産計画を組み、イレギュラーが発生した際には関係各所と連携しながら必要に応じた対応を行うよう心掛けています。

[ PAST→FUTURE ]

あっという間に夢が叶ったので、
すぐさま次の夢を描きました。

「いつの日か、自分が開発に携わった製品を世に送り出して、店頭に並んでいるのを目にしてみたい」。入社したばかりの頃、そんな夢を思い描いていましたが、それはかなり早い段階で叶うことになりました。製品のCMが頻繁に放映されているのを見ても分かる通り、小林製薬の製品開発サイクルの早さは尋常ではありません。そのため新入社員であってもすぐに何かしらの製品にかかわることになり、自分がかかわった製品が世に出る機会も非常に多いのです。
次なる夢は、自分自身がゼロベースから起案したアイデアを形にすること。技術開発としても、より高品質かつ低コストな生産を可能にする環境の整備に努めていきたいと考えています。

ごんたなエピソード

「鼻呼吸テープ」開発の際、テスト生産・本生産のスケジュールを緻密に組み上げ、本リリースまでの道筋を完璧に整えた上で、アメリカから生産用資材が到着するのを待っていました。しかし、入荷した資材を見てみると不良品が混入しており、生産が始められないという緊急事態に。「じゃあ、現地に確認しに行くしかない」。すぐさま決断し、海を越えアメリカの資材開発会社を訪問し、不良発生の原因を突き止め是正を促しました。迅速な対応の甲斐があって、「期限までに20万製品を用意する」という目標を達成。無事に「鼻呼吸テープ」をリリースすることができました。