トップページ 先輩社員&仕事 マーケティング職 岩沢さん

マーケティング職

岩沢さん

2012年入社

生命ナノシステム科学研究科
生体超分子システム科学専攻修了

研究開発の経験をマーケティングに生かして
誰もが驚く画期的な製品を生み出すことが目標です。

[ BEFORE→AFTER ]

社長と同じ土俵で仕事をすることに
最初はすごく緊張していました。

日常生活になじみのある製品を扱う企業に入りたいと考えていたので、就職活動では化粧品メーカーや日用品メーカーを中心にさまざまな企業を見て回っていました。その中から最終的に小林製薬を選んだのには、ふたつの明確な理由があります。まず、選考の過程でジョブローテーションが活発だと聞いたのがひとつ。私は研究者としてノウハウを蓄積し、いずれはそれを生かしてマーケティングに携わりたいと考えていたので、複数の部門を経験できるのはとても魅力的でした。もうひとつの理由は、研究所を見学したときに先輩方が気さくに接してくださったことで「きっと働きやすい社風なんだろうな」と肌で感じられたことです。実際に、先輩方に分からないことを質問すると、忙しい中でも時間を割いて快く答えてもらえるので、入社前後のギャップを感じることはありません。唯一のギャップは、想像以上に社長にプレゼンをする機会が多いことです。最初は社長を前にするとものすごく緊張して上手く想いを伝えることができなかったのが、今ではしっかり想いをぶつけることができるようになりました。

[ MY WORK ]

製品を使うユーザーさまの存在を
いかなる時も意識しています。

2年間、研究開発として「メガネクリーナふきふき くもり止め」「液体ブルーレット」などを手掛けた後、3年目からはマーケティング担当として「ナイトミン 鼻呼吸テープ」などの開発に携わっています。研究開発時代から「製品を開発する当事者が、製品の使用感を一番分かっていないといけない」というポリシーで仕事に取り組んでいました。そのため、「メガネクリーナふきふき くもり止め」の開発の際は、眼鏡の人の気持ちを知るために、度なしの眼鏡をかけて過ごしました。それによって「どんな時に眼鏡が曇り、それによってどう困るのか」を体感し、それを生かした研究開発に努めていたんです。マーケティング部に異動になってからも当時のポリシーを忘れず、常にユーザーさまの目線に立ち、世の中の人たちはどんなことに困っていて、その解決のためにどんな製品が欲しいと思っているのかを常に意識し、潜在的なニーズを掘り起こすよう心掛けています。

[ PAST→FUTURE ]

自分の担当製品のCM作成に携わる。
大きな夢が叶いました。

入社前から、「研究開発の目線を活かしてCMを作成したい」という夢を抱いていたのですが、研究開発部からCM制作を担当するマーケティング部に配属となったことで、「ナイトミン 鼻呼吸テープ」のCM制作の一端に携わることができました。CMの冒頭で、口呼吸が引き起こすあらゆるトラブルを分かりやすく、大きく打ち出しているのですが、これは私が提案したことにより実現したんです。口呼吸トラブルによるさまざまなデメリットを15秒という尺の中の冒頭だけで分かりやすく伝えるのは並大抵のことではありませんが、CM制作を主導するブランドマネージャーが、私の提案を上手く汲み取ってくださいました。限られた時間で必要な情報を伝えることがいかに難しいのかを実感すると同時に、かねてからの夢が叶ったことで大きな達成感に包まれました。また機会があれば、開発者の目線を活かしてCM作成にかかわることができればと思っています。

ごんたなエピソード

これからどのような製品を作ったらいいか考えていたとき、「睡眠」が世の中のトレンドになろうとしていました。「睡眠時の悩みを解決できる製品を実現しよう」と研究開発・技術開発・マーケティングによるチーム内会議を行った結果、生まれたのが「ナイトミン 鼻呼吸テープ」です。通常は全国発売の前にテスト販売を行うのが必須ですが、他社の追随を回避するためすぐにでも本リリースをしたかったので、社長に直々に「テスト販売をしなくても売れる論拠」についてプレゼンを行い承諾されました。その結果、トレンドにいち早く乗ることに成功。期を逃さないためには、ルールを逸脱することも時には必要という好事例となりました。