トップページ 先輩社員&仕事 研究・開発職(研究) 上地さん

研究・開発職(研究)

上地さん

2012年入社

農学研究科修了

どんなに素晴らしい製品も、販売できないと意味がない。
製品リリースのためには評価研究が不可欠なんです。

[ BEFORE→AFTER ]

すごくユニークな会社ですが、
仕事には誰もが人一倍ひたむきです。

メーカーで研究に携わりたいと思っていたところ、小林製薬の製品を目にする機会がありました。「あったらいいな」を実現するニッチな製品が多く、ネーミングも分かりやすくて印象に残ることから、次第に「小林製薬ってどんな会社なんだろう」と気になるように。社長をはじめ誰に対しても「さん付け」で呼ぶなど独特でおもしろい社内制度が多く、「いかにも大阪の会社っぽい!」と感じて、ますます興味を惹かれるようになりました。
ただ、入社後に受けた印象は、敢えて誤解を恐れずに言うと「ユニークな会社だけど、皆さんすごく真剣に仕事に取り組んでいるんだな」というものでした。おもしろい製品名にしようとこだわるあまり壁にぶつかって悩んだり、スピード開発を実現するために短いスパンで開発に取り組んだり。気さくな人が多く社内制度も独特なものが多いですが、誰もが仕事にひたむきに取り組んでいることを実際に働いてみて実感しています。

[ MY WORK ]

製品開発と同じく、評価研究にも
スピード感が求められます。

医薬品や医薬部外品を販売するためには、公的機関に薬事申請の書類を提出し、承認を受ける必要があります。私の主な役割は、薬事申請書類のための信頼性の高い試験データを取得することです。そのほかにも、工場や他部門から成分の分析を依頼された際の対応や、新しい分析手法の開発などを行っています。ユニークな製品が多いため分析手法の開発が難航することもありますが、自分の試行錯誤の結果が製品として形になると思うとやりがいを感じます。
私が最初に携わったのは「ニューアンメルツゲル」の試験データの取得でした。ニッチな製品が多いことに加え、小林製薬はスピード開発を信条としているので、試験データの取得にもスピード感が求められます。慌ただしく時間が流れていく中での試験データの取得は非常に困難を極めましたが、無事に「ニューアンメルツゲル」がリリースされ薬局に並んでいるのを見た時には、1つ夢が叶ったな、と大変嬉しく思いました。

[ PAST→FUTURE ]

成分分析のノウハウは、
製品創出にも役立てられるはずなんです。

入社してからこれまでずっと評価研究に携わってきたので、いずれは研究開発として製品の創出に近いポジションで仕事を手掛けてみたいです。研究開発では評価研究よりもビジネス的な考え方が求められるので、ビジネス感覚を養いつつ、評価研究として培ったノウハウを、研究開発や製品創出に生かしたいと思っています。
これまでの小林製薬は「スピード開発」ということを重視してきました。ですが、一方、競合他社は積極的に他社分析を行い、それに基づいた戦略を練っています。これからの小林製薬に、開発スピードを落とすことなく、他社製品の分析をする環境が整備できたらどうなるでしょう? きっと、今までよりもっと、世の中に求められる製品を短いサイクルでリリースしていけるはずです。いずれその環境を実現する旗振り役となれるような存在を目指して、成長に励んでいきたいと考えています。

ごんたなエピソード

公的機関に薬事申請をするためには、試験データが社内の薬事部の監査を通過する必要があります。しかし、薬事部が要求する制度は必要以上に厳しかったため、業務の非効率化につながる恐れがありました。必要な審査基準は維持しつつ、もっとシンプルな制度にするため、私は試験データ取得部署の代表として明確な自己主張を行いました。何度も薬事部の課長と意見を戦わせた結果、自社に最適な制度を整えることに成功。相手が誰であれ気後れせず、会社にとって必要だと信じることを実現するために主張を貫き通す。それを体現した出来事となりました。