トップページ 先輩社員&仕事 人事職 黒岩さん

人事職

黒岩さん

2008年入社

生物資源学部 農芸化学科

人の人生を預かっていることを自覚し
従業員が幸せになれる方法を追求しています。

[ BEFORE→AFTER ]

変わり者が多くて楽しいけれど
楽しいだけじゃないのがおもしろい。

学生時代は化粧品業界や製薬会社を中心に面接を受けていました。小林製薬は当時からCMでもよく目にしていて有名な製品も多く、ネーミングがとてもユニークという印象。選考を通じて人を重視する会社だということもわかったので、次第に志望度が高まっていきました。内定式で同期と話をしたときの第一印象は「いろんな性格の人がいるけど、基本的にみんな変わり者だなあ」、これに尽きます。そういう所からも、やっぱり人を重視する会社だと感じました。実際に入社して働いていても、ユニークな社員が多いことを実感。でも、単に変わり者なだけじゃなく、全員が自分自身の仕事にひたすらひたむき。ひたむきすぎるせいでお互いに譲れないことも多く、ぶつかり合うこともしょっちゅうです。単に楽しいだけではなく適度な緊張感があるので、非常に居心地が良いですね。

[ MY WORK ]

人事とひと言で表すのが憚られるほど
幅広い仕事を担当します。

営業としてキャリアをスタートし、仕事が板に付いてきた頃。東日本大震災が発生し、会社の行く末や在り方について深く考えるようになりました。そのときに会社の舵取りができる立場で働きたいと考え、本社機能を担う部門に異動を希望。それが叶えられた結果、配属となったのが人事部門です。営業と人事では仕事内容の何もかもが違っていました。特にギャップだったのは、手掛ける業務の幅広さです。本社・関係会社を問わず、派遣採用や中途採用、有期雇用に至るまでの雇用管理や労務管理。人事制度の改訂や労使協定、総務にまで携わります。人事になって「1対“多”」のやり取りが日常的になったことにもギャップを感じました。同じことを伝えるにしても、1対1のときとは伝わり方が異なるので、思わぬ誤解を生むことがあります。日々の業務に粘り強く取り組み、人事に求められるコミュニケーションや思考ロジックを掴んでいきました。

[ PAST→FUTURE ]

激変する時流の先を読みながら
制度のテコ入れに挑戦しています。

社内の雇用や労務に関する仕組みは、法律の変更に合わせて改訂するのが従来のスタンダードでした。しかし社会環境の激変に伴い人の価値観も急速に変化しているので、今後は時流を先読みしながら制度の改訂・導入を図る必要があります。例えば今の時代、定年まで働いて余生を過ごすことが幸せなこととは限らないので、何歳まで働くのかを社員一人ひとりがセルフマネジメントできる制度を導入してもいいと考えています。従業員が幸せになれる方法を模索し、制度として整備することも人事の仕事。そのためのアプローチを常識にとらわれず追求し続けていきたいです。

ごんたなエピソード

愛媛小林製薬で製造人事を担当していたとき、厚生労働省から有期労働契約の改訂に関する発表がありました。その内容は、有期労働者として5年以上雇用した者を、労働者側からの申し入れがあれば無期労働契約に転換できるというもの。
私はこのとき「単に法改正対応をするのではなく、従業員のみなさんの”やる気向上”へと繋げる為に、契約社員を正社員として雇用できる制度そのものを立ち上げよう」と決意。
ルールづくりからひとりで携わり、上層部の了承も得て、新たな人事制度として確立しました。ごんたとは、何も営業活動や製品開発にだけ生かせるものではありません。制度新設や改訂にもごんたな自分をどんどん生かせばいいと思っています。