トップページ 先輩社員&仕事 営業職 中島さん

営業職

中島さん

2013年入社

経営学部 経営学科

地道な営業活動の積み重ねが
お客さまとの信頼関係や大きな成果につながります。

[ BEFORE→AFTER ]

基本は一人で行う営業活動ですが、
その本質はチームプレイです。

小林製薬では「個店活動がすべての営業活動の基本」との考えから、入社して最初はどの営業も個店活動をメインに行うことになります。個店活動で大事なのは、一つひとつの店舗が抱える問題点を見つけ、その解決につながる提案を行うことです。その積み重ねがあって初めて、お店と良い関係を築くことができます。
各営業が行った提案活動の詳細は社内インフラで共有しているため、他の営業担当者の活動を好きなときに参考にすることができます。また、製品の有効性に関してマーケティングが定期的にエビデンスを取ってきてくれるので、そうしたデータを商談に生かすこともできます。入社前は「営業は一人で活動することが多いんだろうな」と思っていましたが、実際に働いてみると非常に多くの人や部門とつながり、助けられながら仕事をしていることを実感します。

[ MY WORK ]

親身に提案や関係構築に取り組み、
今ではあだ名で呼んでくださる方もいます。

現在、大手スーパー数社の本部担当として、バイヤーに自社製品の導入をおすすめしたり、チェーン店の売上改善につながる提案をしたりしながら、定期的に個店活動も行っています。本部担当になってから「個店活動がすべての営業活動の基本」という考えがまさにその通りだと改めて感じるようになりました。バイヤーがチェーン各店の実態を逐一把握することは難しく、だからこそ私たち営業が個店活動を行う強みが生きてきます。店舗に足を運んだからこそわかる問題点を踏まえた提案は、日々忙しさに追われるバイヤーに非常に喜ばれるんです。
こうして相手のことを第一に考えた活動を地道に重ねていると、次第にお客さまと人と人としての信頼関係が築かれていきます。あるお客さまが「小林製薬の営業さん」から「中島さん」、その後「ナカジー」とあだ名で呼んでくださるようになったときは、「一人の人間として信頼していただけたんだ!」と感じて、製品が売れること以上に嬉しかったです。

[ PAST→FUTURE ]

今後は周囲にも気を配りつつ
仕事に取り組んでいきたいです。

入社して5年ほどになりますが、成功も失敗も含めてさまざまな経験を積んだ結果、多くのお客さまと良い関係を築くことができました。今後は中堅社員として自分のことだけではなく、会社や後輩のことも視野に入れながら仕事をしていく時期に差し掛かっていると感じています。私が尊敬している現在の部門の上司からも「これからはもっと周囲のことも考えないとな」と背中を押されています。
具体的に何をどうするべきかは明確に定まっていませんが、これから入社してくる後輩に対して良い影響を与えられる先輩でありたいです。そして、私自身も後輩たちに良い影響を受けながら、営業として、一人の人間としてもっと成長していきたいと考えています。

ごんたなエピソード

半年に一度、各メーカーの営業が量販本部に集まって、自社製品の提案・導入を行う「棚割」があります。小林製薬は他のメーカーと比べて製品カテゴリが多いので、あれもこれもと貪欲に提案するのですが、その姿が一つのカテゴリを扱うメーカーの営業さんの目には珍しく映るようです。実際に「いろんなカテゴリの製品を交える商談って独特ですね」と言われたことがあり、改めて「ああ、自分って小林製薬の一員なんだなあ」と感じました。貪欲すぎることが良いか悪いかはわかりませんが、明快に自己主張するのが“ごんた”なので、私は良いことだと捉えています(笑)。