トップページ 先輩社員&仕事 マーケティング職 白石さん

マーケティング職

白石さん

2012年入社

理学研究科 生物科学専攻修了

世間の動向を見極め、仮説を立てて検証する。
なんだか、世の中を動かし始めているような気がします。

[ BEFORE→AFTER ]

選考の場って緊張するはずなのに
ありのままの自分でいることができました。

就職活動では化粧品や食品、医療用医薬品の研究職を中心に見ていて、第一志望の企業からは早い段階で内定をいただいていました。その後、小林製薬から書類選考通過の連絡が来たときに、同社の求める人物像「ごんたの10か条」を読んで「あ、全部私のことだ」と妙に気になり、面接を受けてみようと思ったんです。
選考で出会った社員の方が本音で接してくださったことで、私の判断は間違っていなかったと確信しました。優しい言葉だけではなく、ときには「そんな心構えじゃ受からないよ」など、取り繕わず厳しい言葉をかけてくださったのも印象に残っています。最終面接では社長をはじめ役員の方がズラリと並ぶ中、マニュアル的な回答は一切用意せず、質問に対して私がその場で思ったことを素直に答えました。それまでに受けたどの会社よりも自分の素を出せたのが嬉しくて、面接の帰り道には「絶対この会社に入りたい!」と強く思っていたんです。

[ MY WORK ]

商品展開の着眼点を変えるだけで
飛躍的な売上アップにつながることも。

研究開発を経てマーケティング部に異動となり、「イージーファイバー」をはじめサプリメント既存品のブランドマネージャーを務めています。製品の展開方法の立案や、雑誌・ウェブを通じた広告戦略、製品の使用者や未使用者に対して調査を行い、仮説を立てて効果の検証を繰り返すなど、担当製品のブランディングに関する幅広い業務を担当します。
私以外に研究開発からブランドマネージャーに直接異動になった例がないので、最初は不安もありました。しかし、いざマーケティングをやってみると、研究開発の経験がものすごく役に立つことがわかりました。体のメカニズムや製品の処方に関する知識があると、例えば「イージーファイバー」なら「お通じを良くする製品」ではなく「腸の機能の改善を通じて全身の健康に寄与できる製品」として展開できることに気付けます。少し訴求方法を変えることで、実際に数億円規模の売上アップにつながったこともありました。今では異動当初に感じていた不安はすっかりなくなり、スケールの大きいマーケティングという仕事に夢中になっています。
現在は100年以上続く「命の母」ブランドを担当しており、すべての女性に健康を届け、女性の活躍を支えていくといった社会課題の解決にもチャレンジしています。今後は「命の母」を通じて、社会に影響を与える仕事をしていきたいと思っています。

[ PAST→FUTURE ]

自分の将来に関して無頓着なのですが
ひとつだけ断言できることがあります。

入社当時の夢は、研究開発として自分が処方した製品を多くの人に使っていただくことでした。その夢は既に叶っているので、今はマーケティングとして、自分が担当した製品を一人でも多くの人にお届けしたいと思っています。セミナーで私の言葉に参加者の方が納得してくださる様子を見たり、製品サンプルをお渡ししているときに「いつもイージーファイバーを飲んでいます」と言っていただけると、自分の関わった製品を頼りにしてくれる人が多いことを実感して嬉しくなります。
入社当時はまさか自分がマーケティングをしているとは思いもしませんでした。だから、将来の自分がどうなっているのかについてもまったく予想できません。ただ、どんな立場でどんな製品を担当することになっても、その都度製品に愛着を持って、多くの人に使っていただけるよう全力を尽くしているのでしょう。それだけは断言できます。

ごんたなエピソード

研究開発のとき「イージーファイバー」の処方を手掛けたのですが、その作用メカニズムがお年寄りのお通じ改善に非常に効果的だと感じていました。医療機関でヒト試験をしたいと思ったのですが予算を割けないブランドだったので「自分で人脈を作って何とかしよう!」と決意。まずは栄養士会の総会に参加し、広報担当の理事の先生を通じて、協力してくれそうな医療機関の先生を紹介していただきました。その後、交渉の末に協力を承諾してくださった先生を何度も訪ね試験設計を実施。その結果、製品費と分析費のみでヒト試験をすることができました。普通なら会社から「何を勝手なことを!」と怒られると思うのですが、上司や役員を含め、周りも乗り気だったのでありがたかったです(笑)。