トップページ 先輩社員&仕事 営業職 吉田さん

営業職

吉田さん

2016年入社

外国語学部 国際教養学科卒

人のつながりが成果に結びつく営業の仕事。
商品とともに自分をアピールすることも大切です。

[ BEFORE→AFTER ]

考えもしなかった営業職も、
やってみると楽しさの連続でした。

就職活動を始めた当初は、自分が何の仕事をしたいのかわからず、とにかく耳にしたことのある企業の説明会に足を運んでいました。将来へのビジョンが不透明な中、偶然出会ったのが大学での会社説明会に来た小林製薬。話を聞いた人事担当の方の人柄がすごく魅力的だったのと、まるでドラえもんのひみつ道具のようにユニークなネーミングで役立つ製品を次々と世に送り出している点にワクワクしました。「私が働きたいのはこの会社だ!」と直感的に思い、志望して無事に入社することができました。
入社後、配属となったのは営業の部署。最初は知らない人と接したり、売上げを追いかけたりするような自分の姿はまったく想像がつかなくて困惑しました。しかし、やり続けるうちにだんだん楽しくなったのは予想外の驚きと喜び。単にものを売るのではなく、社内外の幅広い人のつながりが結果を生むことを実感して、日々面白さが増していったんです。4年目を迎えた今ではもう、会社に来るのが楽しみになる毎日を過ごしています。

[ MY WORK ]

何でも相談できる職場環境で、
仕事へのやる気が高まります。

営業として入社から1年間は関西エリアの個人経営店舗、2年目以降は量販店のお客様を担当しています。個店の仕事では実際の販売現場に出ることが多いので、消費者の動向や売り場での効果的な商品訴求方法をしっかり学べました。量販店ではその経験を活かして、一括仕入れを行う本部のバイヤーの方を相手に新製品の魅力を伝えたり、既存製品の新しい売り方提案を行ったりといった活動を繰り返しています。
どちらの仕事にも共通するやりがいは、お客様から「君が言うならやってみよう」という言葉をいただく瞬間。そのひと言を目指して、自分の商品知識やコミュニケーションの質を高めることに全力を注いでいます。もちろん、うまくいくばかりでなく失敗する場面もありますが、そうしたときに心強いのが職場の上司や先輩たちの存在です。「君がひとつミスをしたところで会社は潰れない」と、懐深く次にどう挽回していくかを一緒になって考えてくれます。どんな悩みも包み隠さず相談できるような恵まれた環境で、常に前向きな気持ちで仕事に臨んでいけるのが嬉しく思います。

[ PAST→FUTURE ]

営業でさらなる成長を目指し、
広報の仕事にも挑戦したい。

商品力はもとより、それ以上に人の力がものを言う営業職の醍醐味を知った今、自分自身をさらに磨いて一層の成果を上げる営業になることが第一の目標。普段、上司から「責任は全部取るから自分の思うように営業してきなさい」と言われているので、その言葉を後輩社員にそのまま伝えられる立場まで頑張り続けたいです。
その先に挑戦してみたいのが、広報関係の仕事。つい最近、営業は商品を、広報は会社を「アピールする」点で共通部分があることを知り、強く興味を持つようになりました。特に希望したわけではなかった営業が、やってみてこんなに楽しくなったので、自分がやりたいと思った広報はもっともっと楽しくなるはず。100点満点で120点くらいまで大好きになったこの会社をさらに魅力的にするために、持てる自分の力を出し切りたいと考えています。

ごんたなエピソード

量販店では、基本的にお客様のバイヤー担当の方が販売商品のプロモーションの仕方など、毎月の売り場の展開内容を決定されます。私はあるお客様から信頼を得た結果、小林製薬がその展開内容を決める権利をいただきました。具体的には、他社メーカーの営業担当者からまず私宛に商品提案をもらい、店舗での陳列商品やスペースを決めた後でバイヤーの方が各商品を流していく仕組みです。お客様との密な信頼関係はもちろん、他社の営業担当者とも普段からのつながりがなくては実現できないことなので、自分にとって大きな自信になりました。