製品情報

2017年10月5日発売

ブルーレットデコラル除菌効果プラス

ブルーレットデコラル除菌効果プラス

便器表面に貼り付けておくだけで、
心地よい香りが広がり、水ぎわのきれいを保ちます

単品容量 希望小売価格
7.5g×4本 オープン価格

品名:トイレ用合成洗剤

  • 製品ラインナップ
    製品特徴
  • 成分
  • 使用方法
  • 使用上の
    注意
  • 応急処置
  • 廃棄方法

製品特徴

  • 便器表面に貼り付けておくだけで、心地よい香りが広がり、水ぎわのきれいを保ちます。
  • 除菌*処方で、水ぎわの黒ズミ汚れの発生を抑え*、お掃除が楽になります。洗浄成分の働きでしっかり洗浄。汚れ付着防止効果できれいを保ちます。
    *黒ズミの発生原因になる菌の繁殖を抑えます。ただし、すべての菌を除菌するわけではありません。製品を使い続けると効果を維持できます。使用環境・汚れの程度により、効果が異なることがあります。
  • 左右2箇所に貼り付けるので、薬剤成分が水ぎわに効果的にいきわたります。
  • 1回に左右2箇所に貼りつけて約7日間使用できます。
    (気温・水温・水量などにより、多少変化します。)
  • 流れる水は無色です。
  • 製品は浄化槽及び浄化槽内のバクテリアに影響を与えません。

成分

用途 陶器製洋式トイレの便器用
内容量 7.5g×4本
成分 界面活性剤(36%ポリオキシアルキレングリコール、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、香料、安定化剤
液性 中性
使用量の目安 1回あたり1本全量(ジェル2つ)

使用方法

誤食に注意

  • 除菌剤を配合しているので使用中、認知症の方や乳幼児が触れないようにする。

お願い!

  • 効果を高めるために、便器を掃除してからご使用ください。
    ※左右均等の大きさで2箇所に貼り付けてください。
(1)キャップを外し容器先端を便器の平らな面にしっかりと押し当てる。 (2)便器に容器先端を押し当てたまま、容器お尻部分をにぎり薬剤を約半分量押し出す。花びらが盛り上がるまで容器先端を浮かせない。
(1)キャップを外し容器先端を便器の平らな面にしっかりと押し当てる。 (2)便器に容器先端を押し当てたまま、容器お尻部分をにぎり薬剤を約半分量押し出す。花びらが盛り上がるまで容器先端を浮かせない。
(3)容器をまっすぐ便器から引き離す。(花びらジェルが1つ作れます。) (4)次に容器顔部分をにぎり残りの薬剤を押し出し、花びらジェルをもう1つ作る。
(3)容器をまっすぐ便器から引き離す。(花びらジェルが1つ作れます。) (4)次に容器顔部分をにぎり残りの薬剤を押し出し、花びらジェルをもう1つ作る。
※容器に薬剤が多く残った場合は、さらにもう1つ花びらジェルを便器に作ってください。
  • 7日以上経った花びらジェルや小さくなった花びらジェルは、トイレブラシで擦りトイレ用洗剤として使用ください。
  • 水流の出口付近に付けると、水はねしたり薬剤が流れ落ちたりすることがあります。
    ※便器の種類や水流の強さによって、泡立ちが少ないことがありますが、洗浄効果に問題はありません。

使用できない便器

  • 陶器製以外の便器(樹脂製など)には使用できない。
    陶器製とわからない場合は、便器の取扱説明書でご確認ください。

使用上の注意

  • 除菌剤を配合しているので認知症の方や乳幼児の誤食防止のために、便器のふたを閉める、製品を手の届かないところに置くなど、特に注意する。
  • 用途外に使用しない。
  • 陶器製以外の便器(樹脂製など)には使用しない。
  • 火気や、直射日光を避け、40度以上になるところに置かない。
  • 使用中、水がはねたり、薬剤の固まりが残った場合は、トイレブラシで落とす。
  • 誤食に注意
    誤食に注意

応急処置

  • 誤って飲んだ場合、吐かせず、水で口の中をよくすすぎ、コップ1〜2杯の水または牛乳を飲ませる。
  • 目に入った場合、すぐに流水で数分間注意深く洗い流す。
  • 皮ふについた場合、すぐにせっけんをつけて水で充分洗い流す。
  • いずれの場合も処置の後、異常のある場合は製品の説明書きを持参し、医師に相談する。

廃棄方法

廃棄は自治体の区分に従ってください。

包材・資材名 廃棄区分
ボトル プラスチック
中栓 プラスチック
キャップ プラスチック
台紙 紙※廃棄は自治体の区分に従ってください。
ブリスター プラスチック
[内容物] 成分欄をご覧ください 残った内容物は、新聞紙等に包みビニール等でにおいが漏れないようにして一般ごみへ

※「一般ごみ」とは、「燃えるごみ」「家庭ごみ」等、各自治体により表現が異なりますので、弊社お客様相談室または各自治体へご相談ください