WEBで購入する

ここから先は外部サイトへ移動します。
価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用ください。

閉じる

  • 製品特徴
  • 成分・分量
  • 効能・効果
  • 用法・用量
  • 使用上の
    注意
  • 保管及び
    取扱い上の注意
  • 廃棄方法
  • 私もアイデア
    提案者

製品特徴

  • 精気が萎えて気持ちが折れるなどのメンタル不調を感じる方の漢方薬です
  • 漢方処方「桂枝加竜骨牡蠣湯」(けいしかりゅうこつぼれいとう)が、自律神経を整えながら心身のリラックスを促し、神経質症状を改善します。
  • 「些細な不安が気にならなくなった」「寝つきが良くなった」などが効き目のサインです。
    ※神経質、不眠症に対する効果

精気の萎えを立ち直らせるには心身のリラックスから

  • 心身が疲れているときやプレッシャーを感じて精気が萎えて気持ちが折れるメンタル状態のときはありませんか?日常的なストレスや心身の緊張は自律神経を乱し、精気が萎えるなどの神経質症状を引き起こします。メンタルを立ち直らせるには、心身がリラックスしやすいよう自律神経を整えておくことが重要です。
  • 健全な男性機能は心身のリラックスから

成分・分量

成分(1日量:10錠中) 分量
桂枝加竜骨牡蠣湯エキス 2.3g
ケイヒ 2.0g
シャクヤク 2.0g
タイソウ 2.0g
ショウキョウ 0.5g
カンゾウ 1.0g
リュウコツ 1.5g
ボレイ 1.5g
より抽出(添加物:無水ケイ酸を含む)
  • 添加物として、無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸Mg、乳糖を含有する
  • 本剤は天然物(生薬)を用いているため、錠剤の色が多少異なることがあります

効能・効果

体力中等度以下で、疲れやすく、神経過敏で、興奮しやすいものの次の諸症:神経質、不眠症、小児夜泣き、夜尿症、眼精疲労、神経症

用法・用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯で服用してください

年齢 1回量 服用回数
大人(15才以上) 5錠 1日2回
7才以上15才未満 4錠
7才未満 ×  服用しないこと

用法・用量に関連する注意

  • (1)定められた用法・用量を厳守すること
  • (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること
  • 食間とは「食事と食事の間」を意味し、食後約2~3時間のことをいいます

使用上の注意

相談すること

  • 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
    (1) 医師の治療を受けている人
    (2) 妊婦又は妊娠していると思われる人
    (3) 高齢者
    (4) 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    (5) 次の症状のある人:むくみ
    (6) 次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病
  • 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品のパウチ袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
    関係部位 症 状
    皮ふ 発疹・発赤、かゆみ

    まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること

    症状の名称 症 状
    偽アルドステロン症、ミオパチー 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる
  • 3.1ヶ月位(小児夜泣きに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品のパウチ袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
  • 4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱い上の注意

  • (1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にチャックをしっかりしめて保管すること
  • (2) 小児の手の届かない所に保管すること
  • (3) 他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
  • (4) 本剤をぬれた手で扱わないこと

廃棄方法

廃棄は自治体の区分に従ってください。

包材・資材名 廃棄区分
個包装 プラスチック製容器包装
個箱 紙製容器包装
POP プラスチック(容器包装でない)
*廃棄は自治体の区分に従ってください。
[内容物] 成分欄をご覧ください 一般ごみ(燃えるゴミ)

*不明な場合は各自治体へご相談ください

私もアイデア提案者

アイデア検討チーム

  • アイデア検討チーム名
    ・メンタフチーム
  • チームメンバー

私もアイデア提案者

  • 小林製薬の新製品アイデア提案制度で、この製品と類似したアイデアを提出した従業員を紹介します。
このページを共有する
Facebook
X
LINE