セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは

医療費控除制度の特例で、特定の成分を含有するOTC医薬品を1年間(1月〜12月)に一定額以上購入した場合、12,000円を超えた額が所得控除の対象となるものです。医療費控除と同様、確定申告をすると所得税の一部が還付されたり、翌年度の住民税の負担が少し軽くなるなど税制上のメリットがある制度です。
ただし、この制度は医療費控除の特例とあるとおり、医療費控除の一部であるため、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を同時に利用することができません。どちらを適用するかは、ご自身で選択することになります。

対象となるOTC医薬品

セルフメディケーション税制に関する詳しい説明はこちら