間宮アロエ軟膏

手荒れ、ひび・あかぎれのメカニズム手荒れ、ひび・あかぎれのメカニズム

手荒れは傷です。傷ができるメカニズムを知り、手荒れを治しましょう。

手荒れ、ひび・あかぎれの症状について手荒れ、ひび・あかぎれの症状について

  • 指先がめくれる 指先がめくれる
  • 皮膚がぱくっと割れる 皮膚がぱくっと割れる
  • 手の甲が粉をふく 手の甲が粉をふく

手荒れは傷が原因手荒れは傷が原因

手荒れは、水仕事などによる刺激で肌表面(肌溝)に亀裂が入って傷になり、外部刺激が繰り返されて悪循環となった状態です。手荒れは、水仕事などによる刺激で肌表面(肌溝)に亀裂が入って傷になり、外部刺激が繰り返されて悪循環となった状態です。

外部からの刺激 「水仕事」「空気の乾燥」「気温の低下」

手は元々他と比べて皮脂腺が少なく、水仕事や空気の乾燥などで皮脂と水分が失われやすい部位です。
外部刺激が続き、気温が低下して血流機能が悪化すると、肌のバリア機能が低下して肌表面の溝に沿って傷ができ、細い腺上の亀裂、すなわち傷となります。

手荒れは肌細胞(皮溝)の深い亀裂=傷手荒れは肌細胞(皮溝)の深い亀裂=傷

<荒れた手の肌の状態>

肌の表面に小さな亀裂(傷)ができると、
外部刺激を受けやすく、手荒れの悪循環に。

荒れた手の肌の状態
外部からの刺激 「水仕事」「空気の乾燥」「気温の低下」

手荒れを治すために必要なことは2つ!
手荒れを治すために必要なことは2つ!

  • 1.傷ついた肌表面を修復する。1.傷ついた肌表面を修復する。

    まずは傷周辺の細胞の再生を促進し、傷ついた肌表面(皮溝)を修復することが必要です。

  • 2.肌表面のバリア機能を維持する。2.肌表面のバリア機能を維持する。

    手荒れの悪循環を断ち切るためには、肌の再生を促進させ、保湿しながら外部刺激から肌を守ることが大切です。

<健康な肌の状態>

肌表面バリア機能が外部刺激から肌を守る。

健康な肌の状態

アロエ軟膏の特徴と使い方

アロエ軟膏の特徴と使い方

ページトップへ戻る

小林製薬株式会社[からだの悩みから選ぶ]

目・鼻・耳の悩み
目のトラブル
花粉症、ちくのう症
耳なり
かすみ目・疲れ目
不眠・疲労の悩み
不眠
風邪・熱・のどの悩み
風邪・発熱
のどの不快感
肩・腰・関節などの悩み
肩・腰・関節などのコリ・痛み
女性の悩み
排尿痛、残尿感に
妊娠
更年期障害
おりもの・生理・デリケートゾーン
手足の悩み
手足のあれ・角質
足が疲れた時・冷え
足ムレ・消臭・外反母趾
水虫
神経痛
血液の悩み
貧血
高コレステロール
暑さ・汗の悩み
暑さ
かゆみ・傷の悩み
傷・さかむけ・やけど
あせも・虫刺されのかゆみ
お肌の悩み
にきび・しみ・日焼け
くすみ・たるみ・乾燥
傷あと
湿しん・皮膚の炎症
お口の悩み
口臭・歯間の汚れ
歯周病・口内炎
入れ歯ケア
おなかの悩み
膨満感・繊維不足・胃
おなかの脂肪

個人情報取り扱いについて | セキュリティポリシー | ご利用上の注意

Copyright(C)2015 Kobayashi Pharmaceutical Co., Ltd. All Rights Reserved.