命の母ヒストリー - 命の母|小林製薬株式会社

小林製薬株式会社
命の母 トップ 女性のからだとホルモンバランス 東洋医学の考え方 命の母ヒストリー 命の母A 命の母ホワイト
TOP > 命の母ヒストリー
命の母ヒストリー

誕生〜明治・大正
昭和期〜平成になって

100年以上女性を見つめてきた命の母

のぼせ・冷えといった更年期障害を治す「命の母A」と生理の不調を治す「命の母ホワイト」。この2つの製品名に共通している「命の母」とは、明治36年(1903年)に生まれたお薬の名前です。100年以上前に「すべての女性を健康にしたい」という想いで創られた「命の母」は、一貫して女性を見つめ、女性の暮らしと歩いてきました。そんな「命の母」の歴史をひも解いてみましょう。

「命の母」の誕生
今から100年以上前、ひとりの志によって「命の母」は誕生しました。その名は笹岡省三。産婦人科医の祖父を持ち、体の弱い母を見てきた省三は、子供時代より「病に悩む女性を助けたい」という想いを抱いていました。そして薬の販売業のかたわら、あらゆる処方を組み合わせ、研究を重ね、ようやく完成させたのが、「命の母」です。
「命の母」という名前について省三は当時「婦人病者が全幅の信頼をもって迎えるような理想薬をつくりたい。それは文字通り“婦人の生命”であるというようなところから『命の母』という名称をつけました。」と語っています。「命の母」は生命を育む母性を尊ぶ想いから生まれたのです。

明治38年当時の薬局掲示用看板 明治36年9月16日内務省から売薬許可 写真前列中央が創業者の笹岡省三、向かって左隣が省三の妻りん、右隣が省三の母親たみ。
明治38年当時の薬局掲示用看板 明治36年9月16日 写真前列中央が創業者の笹岡省三、向かって左隣が省三の妻りん、右隣が省三の母親たみ。

「命の母」の移り変わり 明治〜大正
「命の母」が誕生した明治から大正にかけての女性は、大家族のなかで家事労働に明け暮れ、過酷な生活を送っていました。体調が悪くても休む暇もない暮らしのなか、女性のためのお薬が「命の母」だったのです。女流歌人与謝野晶子は「命の母」についてこのような歌を残しています。
「人多く いのち之母と呼ぶ薬 この世にあるがめでたかりけり」

「命の母」が当時、多くの女性を治し、受け入れられていたことが、この歌からも知ることができます。

与謝野晶子の歌 初代『命の母』パッケージ
与謝野晶子の歌

初代『命の母』パッケージ。

次へ
kobayashi