製品情報

アイボントロ〜リ目薬ドライアイ

アイボントロ〜リ目薬ドライアイ

第3類医薬品

コンタクトしたままで
眼の乾き・不快感にとろっとした使用感

単品容量 希望小売価格
13mL 700円(税込 700円)

販売名:アイボン トローリ目薬 ドライアイ

  • 製品ラインナップ
    製品特徴
  • 成分・分量
  • 効能・効果
  • 用法・用量
  • 使用上の
    注意
  • 保管および
    取扱い上の注意
  • 廃棄方法

製品特徴

  • とろみのある薬液が乾きがちな角膜表面にじんわり広がり、目の乾きを緩和します
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが、角膜をじっくり保護します
  • 涙に近い成分なので、コンタクトをしたまま目のお手入れができます
    ・すべてのコンタクトに使えます
    ・コンタクトをしていない方もお使いいただけます

こんな時に、こんな方に

  • コンタクトで目が乾いたり、装着による不快感やゴロゴロとした異物感を感じたり…普段しっかり涙が守っている目も、コンタクトレンズやパソコンの使いすぎなどで目が乾いてくると、このような様々な不快症状だけでなく、ドライアイ状態により角膜表面に傷や障害が起こる可能性もあります
    コンタクトをしたまま目のお手入れをしたい方にぴったりなのが、涙液処方のアイボン トローリ目薬 ドライアイ。角膜保護成分配合のとろみのある薬液が、涙の不足で乾きがちな角膜表面にじんわり広がって、うるおい感たっぷりに目の乾きを癒します

成分・分量

成分(100mL中) 分量 はたらき
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 500mg 角膜保護作用
塩化カリウム 50mg 涙液成分
塩化ナトリウム 300mg 涙液成分
ヒプロメロース 350mg うるおい保持作用

添加物として、ホウ酸、エデト酸Na、ソルビン酸K、pH調整剤を含有する

効能・効果

  • 涙液の補助(目のかわき)、ハードコンタクトレンズまたはソフトコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)

用法・用量

1日3〜6回、1回1〜3滴 点眼してください

用法・用量に関連する注意

  • (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
  • (2)容器の先をまぶた、まつげに触れさせないこと。また、混濁したものは使用しないこと
  • (3)点眼用にのみ使用すること
  • 保存状態によっては、容器の口周辺に白い結晶が付着することがあるので、その場合は清潔なガーゼなどで軽くふき取って使用すること
  • 点眼後しばらく視野がぼやけることがあるので注意すること

使用上の注意

相談すること

  • 1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    (1)医師の治療を受けている人
    (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
    (3)次の症状のある人:はげしい目の痛み
    (4)次の診断を受けた人:緑内障
  • 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    関係部位 症状
    皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
    充血、かゆみ、はれ、しみて痛い
  • 3.次の場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    (1)目のかすみが改善されない場合
    (2)2週間くらい使用しても症状がよくならない場合

保管および取扱い上の注意

  • 直射日光のあたらない湿気の少ない涼しいところに保管すること
  • 小児の手の届かないところに保管すること
  • 他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)

キャップの開閉方法

  • キャップ部分を上にして、容器の側面を持って開閉してください
    容器の中心を押さえて開閉すると、薬液が飛び出すことがあります
  • 開け方 閉め方
    (1)開け方
    キャップを手前にひねる
    (2)閉め方
    カチッと音がするまで押し下げる

廃棄方法

廃棄は自治体の区分に従ってください。

包材・資材名 廃棄区分
ボトル プラスチック
キャップ プラスチック
中栓 プラスチック
ラベル プラスチック
プラスチック
添付文書 一般ごみ(燃えるごみ)
個箱
シュリンクフィルム プラスチック
[内容物] 製品情報:成分欄をご覧ください 残った内容物は、新聞紙等に吸わせて一般ごみへ。

※「一般ごみ」とは、「燃えるごみ」「家庭ごみ」等、各自治体により表現が異なりますので、弊社お客様相談室または各自治体へご相談ください